力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

RSウイルスに大人が感染した時に見られる症状の特徴と正しい治療法

kafun_bottoshiteru

感染力が強く、子供でも2歳までにすべての小児が感染するといわれているRSウイルス。

免疫が付きにくいので、何度も感染してしまう人もいます。

『関連記事:RSウイルス 新生児~1歳、2歳の子供が感染した際の症状と対処法

RSウイルスで入院する人は年間約5~8万人ともいわれ、これはインフルエンザによる入院患者数の約10倍だとか。

その原因の一つは風邪とよく似ている症状のせいで、大人でも普通の風邪と見分けがつきにくく対処が遅れてしまうからのようです。

大人がRSウイルスに感染した場合にみられる症状の特徴と、正しい治療法をご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

RSウイルスとは?

baikin_genki (1)

RSウイルスとはそもそもどのようなウイルスなのでしょうか?

RSウイルスとはRespiratory syncytial virus(レスピラトリーシンシチアルウイルス:rsウィルス)の略称で、主な症状は呼吸器系の疾患で、風邪のような症状をもたらす非常に一般的なウイルスです。

主な流行・感染時期は秋から冬にかけて。

RSウイルスは非常に感染力が強いウイルスですが、比較的不安定なことも特徴の一つです。

55度以上の熱、海面活性剤、エーテルなどにより不活発になるそうです。

その感染力の高さから1歳までの乳児の約70%以上が感染し、2歳までにはほぼすべての小児が感染してしまうそうです。

それほど酷い症状にはなりませんが、大人に比べ、小児のほうが重篤化するケースもあるようですので注意は必要です。

また、一度かかったからといって安心はできません。

RSウイルスは免疫がつきにくいため、一度かかった人でも何度も感染してしまいます。

幸いなことに、感染を繰り返すと症状も徐々に軽度になっていき、大人の場合は鼻水や発熱など風邪症状だけで終わることも多いようです。

 

大人がRSウイルスに感染した場合の症状

mask_kafun_woman

健康な大人がRSウイルスに感染すると、普通の風邪の症状で回復することが多いそうです。

最も多い例は軽い鼻かぜの症状です。

前項でも述べた通り、感染力が高いウイルスであり免疫がつきにくいため何度も感染してしまいますが、大人の場合何度も感染を繰り返したことである程度の免疫がつき、あまり症状がひどくなることは少ないようです。

ただ体調不良や寝不足、暴飲暴食などで抵抗力が弱まった状態で感染すると、普段健康な大人でも風邪症状が重くなることがあるので注意が必要です。

関連記事寝不足で吐き気やめまいがする原因と対処法』

そして高齢者、特に老人ホームなどで集団生活をしている場合は最も注意すべきです。

加齢により呼吸器系が弱っている高齢者の場合、健康な大人が風邪症状のみで治まるのに比べ、重症化するケースが多いのです。

また非常に感染力が強いため、高齢者施設で集団感染がおこってしまう場合があります。

 

【スポンサーリンク】

 

大人がRSウイルスにかかった場合の正しい治療法

yakuzaishi_soudan

RSウイルスには抗生物質のような特効薬がないため、出ている症状に対する対症療法が主な治療法となります。

それぞれの症状に対する主な治療法

咳・喘鳴など:痰切れを促す薬や機関誌を広げる作用のある薬を服用する

鼻水:アレルギーを抑える薬の服用

発熱:カロナールなどの解熱薬の服用(カロナールは幼児でも服用できます)

食欲不振:点滴での栄養補充

抗生物質:細菌感染による合併症がある場合に服用

 

まとめ

身体が健康で免疫力の強い成人であれば、RSウイルスはそこまで警戒すべきものではないかもしれません。

しかし感染力が高いため、ご家庭に小さなお子さんや高齢者が暮らしている場合は、ウイルスを家庭内に持ち込まないようにする努力はすべきです。

 

関連記事

抗生物質に頼らない体質へ…ビオフェルミンを超えるサプリメントで病気を予防

咳をすると胸が痛い!ただの風邪じゃない可能性もあるの?

風邪の引き始めに喉の痛みが…取るべき対処法のまとめ

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031