力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

そうだったの!?年齢別理想の睡眠時間をまとめてみた

aiaiai11

遊び・勉強・仕事・家事・子育て・介護など、あなたを取り巻く状況は年を重ねるごとに変わっていきます。

実はそれとともに「睡眠時間」にも大きな変化が表れていくのです。

今回は年齢別理想の睡眠時間をご紹介していきます。

「私の睡眠時間これで大丈夫なの?」

「年を取るごとに眠れなくなるというのは本当?」

こんな睡眠時間に関する疑問や不安を抱えているあなた。

一緒に睡眠について学んでいきましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

赤ちゃんの理想の睡眠時間は10~18時間

aiaiai12

一般に新生児と呼ばれる生後1カ月までの赤ちゃん。

この頃の赤ちゃんはまだ体内時計が形成されておらず、ほぼ一日寝て過ごします。

生後3カ月からは徐々に昼夜の違いが分かる様になり、体内時計が形成されていきます。

生後1年までに赤ちゃんの脳は急激に発達します。

そしてこの発達のためには何より大切なのが「睡眠」なのです。

この時期に睡眠が足らないと、成長ホルモンが分泌されにくくなり健やかな成長に影響を与える可能性があります。

この成長ホルモンは、昼間のお昼寝のときでも分泌されます。

なので「夜泣きでうちの子はなかなか寝てくれない!」とお悩みのママ、昼間のお昼寝の時間が足りていれば問題ないので安心してくださいね。

 

幼稚園児の理想の睡眠時間は10~13時間

aiaiai13

身体を使って友達と外で遊ぶことが多くなる幼稚園児。

この時期の理想の睡眠時間は10~13時間です。

夜の8時~9頃に寝て、朝の7時ごろに起きるのが理想ということですね。

「寝る子は育つ」ということわざがある通り、睡眠時には子供の健やかな成長に必要な成長ホルモンが多く分泌されています。

夜の10時から夜中の2時までのゴールデンタイム。

この時間にしっかりと深い眠りにつくことで、身長が伸びる、精神的に安定した心が育つなど様々なメリットがあります。

 

小学生・中学生の理想の睡眠時間は9時間

aiaiai14

塾や習い事も始まり、勉強や遊びに忙しい小学生・中学生。

7~15歳頃までの子どもの理想の睡眠時間は9時間です。

最近は小学生でも9時ごろまで習い事に忙しい子どももいるように、昔と比べて睡眠時間が短くなってきています。

そのため就寝時間が12時を越える子どももいますが、睡眠時間の不足は子どもの成長に良くありません。

成長が一気に伸びるこの時期に睡眠時間が足りないと、成長ホルモンが分泌されにくくなり低身長を引き起こす可能性があります。

また、精神的に情緒が不安定になることもあります。

何かとやることが多くなっている今の時代ですが、子どもの成長のためには親が規則正しい生活リズムを整えることが大事になってくると思います。

 

【スポンサーリンク】

 

高校生~40代までの理想の睡眠時間は7~9時間

aiaiai15

そして身体もほぼ出来上がり学校生活を満喫する高校生・大学生。

社会人として働きだし世間の荒波にもまれる20代・30代。

社会人として活躍する40代。

仕事やプライベートに忙しいこの時期、理想の睡眠時間は7~9時間です。

しかしこれはあくまで理想。

これだけ睡眠時間をとっていれば翌日も元気に過ごせますよ、という目安です。

一生のうちで一番と言っていいほど、身体が思うように動くこの時期。

こんなときは寝る間を惜しんででも、やることがたくさんありますよね?

そんなときは、最低でも3時間は眠るようにしましょう。

というのも睡眠は、深い睡眠の「ノンレム睡眠」と浅い睡眠の「レム睡眠」1セット約90分4~5回ほど繰り返しています。

そして深い睡眠の「ノンレム睡眠」は、眠り始めて最初の1~2セット目に多く現れる傾向があります。

そのため、最低でも深くて質の高い睡眠がとれる「最初の2セット分の3時間」。

これだけは最低でも睡眠時間をとるようにしましょう。

 

50~70代までの理想の睡眠時間は6~8時間

aiaiai16

中年にさしかかり、男女ともに更年期障害にも悩まされるこの年代。

この頃の理想の睡眠時間は、50代では6時間半、60代以降は6時間程度です。

年をとってから「朝まで寝ていられない」「よく目を覚ましてしまう」という悩みを抱えた方、周りにいませんか?

実はその理由は、必要とされる睡眠時間が以前より短くなっていることが原因の一つなんです。

ではなぜ若い頃よりも睡眠が必要ではなくなるのでしょうか?

その理由は「活動量の低下」です。

定年をきっかけに家の中で過ごす時間が多くなり、一日を通しての活動量が急激に減少する方もいるように、日中の活動量が低下すると以前より眠れなくなります。

更に年を重ねると、深い睡眠状態になる「ノンレム睡眠」が減って、浅い睡眠状態の「レム睡眠」が増えるのです。

これで、朝方になると目が覚めてしまうという理由が見えてきましたね。

つまり、朝方になればなるほど、浅い睡眠状態が続くためちょっとした物音で起きてしまうのです。

50年代以降に抱える人々の不安として「不眠」は上位を占めてきますが、これは生理的に考えても仕方がないことなのですね。

それでも「なかなか眠れない」という方は、適度に運動をしたり、規則正しい食生活を心掛けたり、睡眠環境を整えたりするなどの対策をしてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

生きていく上で欠かせない「睡眠」

実は、年を重ねるごとに必要な睡眠時間は少しずつ減少していくということが分かりましたね。

睡眠時間は、長くても短くても身体に少なからず悪い影響を及ぼします。

そうならないためにも、自分の年代に応じた理想の睡眠時間をなるべく確保して、毎日健康的な生活を満喫していきましょう。

※ちなみに「睡眠時間が最近短くなってきていて心配…」「睡眠不足ってどんな影響があるの?」と気になっている方は、下記の関連記事も合わせてご覧いただければと思います。

関連記事

睡眠時間が4時間!寿命の長さや体への影響について

睡眠時間が3時間でも大丈夫?こんな症状が出たら要注意!

寝不足で吐き気やめまいがする原因と対処法

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30