力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

なぜか突然便秘に…それ、パブロンの副作用かも

benpi_geri_woman (1)

「効いたよね、早めのパブロン」でおなじみのパブロンシリーズ。

パブロンと言えば昔からご家庭の救急箱に入っていて、いざというときにはお世話になった、という方も多いのではないでしょうか。

しかし“誰にでも良く効いて早く効果が出る”ということは、それだけいろいろな成分が入っているということ。

中には自覚のない体質や遺伝が原因で、パブロンの副作用が出てしまう人もいるということをご存知でしたか?

例えば便秘。「ここ数日便秘だな・・・そういえば体調を崩したからパブロンを飲んでいたけど、まさかあれが原因?」ということもあるんです!

 

【スポンサーリンク】

 

パブロンシリーズについて

medicine_capsule (1)

パブロンはいわゆる“総合感冒薬”と呼ばれるもので、昔から薬局で市販され、多くの人に親しまれてきた風邪薬ですよね。

パブロンは“家族みんなが飲める薬”として大人向け、子供向けにラインナップがそろえられています。

さらにのどの痛みやくしゃみ・鼻水など、風邪の諸症状に特化し適した薬をえらぶことができます。

 

<大人からこどもまで飲めるシリーズ>

・パブロンSゴールド “のどの痛み・せき・鼻水に”

・パブロンSC “ビタミンC配合”

・パブロンS “たんを出しやすくするプロムヘキシン塩酸塩配合”

・パブロンゴールドA “かぜによるさまざまな症状に”

 

<大人専用(15歳以上)かぜ薬>

・パブロンエースAX “つらいのどの痛み・熱に”

・パブロンエース “発熱・のどの痛みを伴うかぜにイブプロフェン配合”

・パブロンAG “くしゃみ・鼻水・鼻づまりに”

ほとんどの製品に顆粒状と錠剤タイプがあり、飲みやすい方を選ぶことができます。

 

パブロンの副作用で便秘!?

virus_fukutsuu (1)

パブロンSゴールドやパブロンゴールドAなどには、くしゃみや鼻水、咳の症状を緩和させるために抗ヒスタミン系の成分であるアセトアミノフェンが配合されています。

パブロンやベンザブロックなど総合感冒薬の多くには良くこの抗ヒスタミン成分が配合されているのですが、これが便秘を引き起こす原因だったんです!

抗ヒスタミン系の成分は、咳や鼻水を出している消化器官系の過剰な働きを抑制してくれる効果があります。

しかし、同時に消化器官の1つである大腸の働きも阻害してしまうのです。

大腸が正常に働かないと大便が体外に出ようとする動きが緩慢になりますので、便秘になってしまう人がいるということです。

 

パブロンは飲まない方が良いの?

biyou_hadaare

冒頭でも書きましたが、市販薬には万人に効果をもたらすために様々な成分が配合されています。

もちろん、効果が強く効きすぎることがないよう成分は調整されていますが、もともと胃腸など消化器系が弱い人は便秘といった副作用が現れる可能性が高いということです。

むしろ便秘は副作用の中では比較的軽度なもので、例えばアナフィラキシーショックを起こしたり腎臓の持病がある人が重篤な副作用に陥る危険性についても、きちんと使用上の注意にて喚起されています。

市販の風邪薬だからといって頼りすぎず、自分の体質に合っているか、飲んでも問題ないかは毎回注意するようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

市販の風邪薬に頼らないようにするには?

kenkoushindan_monshin

そもそも、市販の風邪薬を使用するときって、どのような状況でしょうか?

「気温差が激しくて風邪を引いたのか、鼻水が止まらない」

「子供が急に風邪を引いて熱を出している」

「疲労がたまっていたせいか、風邪を引いたみたい」

などなど、状況は様々だと思いますが、やはり一番多いのは“急に風邪の症状になったけど、病院に行かずに治したい”、あるいは“病院に行く時間がない”といったようなときではないでしょうか。

もしくは、そんな状況が起きる心配があるからこそ、ご家庭の救急箱に風邪薬が常備してあると安心するのですよね。

しかしパブロンなどの総合感冒薬には便秘などの副作用を起こす可能性があることもわかりましたね。

ではパブロンなどの風邪薬に頼らないようにしていくにはどうすればよいか。

ずばり、“風邪を引かないからだを作る”ことではないでしょうか?

 

「飲む、抵抗力」 ラクトプランL-137

drink_nyuusankin

以前の記事:プレコールせき止め錠 効果と副作用のまとめ』などでもおススメしてきたサプリメントなのですが、こちらは風邪にかかりにくい身体にするための“抵抗力”を高めるのにぴったりのサプリメントなんです。

私たちの周りには目に見えないウイルスや細菌、その他いろいろな小さな敵が存在しています。

風邪にかかりやすい人というのは、この敵が体内に侵入してきたときに戦う力“抵抗力”が弱く、ウイルスなどが体内で増殖し発症してしまう人なんです。

抵抗力は日々の生活習慣で向上させることも可能です。

そのためには適度な運動バランスのとれた食事十分な睡眠時間などが必要です。

しかし場合によっては仕事で忙しかったりとなかなか思うようにいかず、生活習慣が乱れてしまうこともあると思います。

そういった方のために、補助的な役割で摂取していただきたいのが「ラクトプラン L-137」です。

公式サイト⇒ラクトプランL-137

実は抵抗力は生活習慣を整えるだけでなく、腸内環境の改善でも向上することが分かっています。

人間の腸内には何種類もの細菌が活動しており、いい働きをする“善玉菌”もいれば、中には毒素を出したりする“悪玉菌”もいたりします。

悪玉菌が増えすぎると体全体の抵抗力が弱まり、風邪などさまざまな病気になる原因となってしまうのです。

健康や病気といったキーワードにあまり興味がない方でも、腸内の善玉菌を増やすためには乳酸菌が多く含まれたヨーグルトなどが効果的、ということはご存知なのではないでしょうか。

food_yogurt

一時テレビのコマーシャルや健康番組で良く取り上げられましたよね。

たしかに腸内の善玉菌を増やすにはヨーグルトなどの乳酸菌を摂取することが大事です。

ただ残念なことに、食事で摂取できるような“生きた”状態の善玉菌は、口や食道、胃などの消化器官を経ることで腸内に届く前にほとんど死んでしまうのだそうです。

これではなかなかすぐに効果を実感することは難しいですよね。

しかしラクトプランL-137は違います!

確かに乳酸菌であるL-137を使用してはいるのですが、実はL-137は乳酸菌の中でもかなり特殊な、“死んだ”状態でも力を発揮するユニークな乳酸菌なんです。

一般的な乳酸菌が熱に弱い特性を持っている一方、L-137は加熱処理をすることで生きた乳酸菌よりも強く、長く、安定的にカラダの奥で効果を発揮してくれます。

すでに“死んだ”状態の菌だからこそ、消化器官を通ってもその効力が減少することはないというわけです。

お試しはこちら⇒ラクトプランL-137

 

まとめ

風邪を引いて鼻水が出たり熱で体がだるいのは、本当に辛いし早く良くなりたいですよね。

しかし、せっかく治すために飲んだ薬で副作用が出るのは、なんだか本末転倒だという気分になりませんか?

副作用を気にして服用するのがつらい、面倒だ、と思われるのであれば、日ごろから風邪を引きにくい身体になって健康的に毎日を過ごすことをお勧めします。

なかなかすぐに生活環境を改善できない、という方はサプリメントなどのお助けアイテムに頼るのも悪いことではないと思いますよ。

少しでも気になったかたは、ぜひ一度公式サイトをご確認ください。

公式サイト⇒ラクトプランL-137

もう風邪薬の副作用で悩まなくてよくなるようになるかもしれません!

関連記事

便秘薬|スルーラックSの効き目や副作用をご紹介

マグミット錠の効果と副作用~安全に便秘を解消する方法をご紹介~

ミルマグが便秘に効かない!?安全性や効果の高いサプリメントをご紹介

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30