力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

夏型過敏性肺炎の症状とは?対策や治療・正しい予防法を解説

virus_seki

夏場に止まらなくなる咳の原因、『夏型過敏性肺炎』という病気かもしれないってご存知でしたか?夏風邪によく似た症状を引き起こすこの病気、放っておくと怖いことに。

ただし、正しい知識があれば未然に防げる病気です。『夏型過敏性肺炎』にかかってしまわないように、その主な症状、原因、治療法から予防対策までまとめてご紹介します!

※夏型過敏性肺炎はうつるのか?については『夏型過敏性肺炎はうつるの?原因はエアコンのカビだけではない!?』の記事からご確認ください。クリック、もしくはタップをするとページに飛びます。

 

【スポンサーリンク】

 

夏型過敏性肺炎を引き起こす犯人は?

kin_kabi

夏型過敏性肺炎を引き起こす主な原因は、家のいたるところに潜む「カビ」。一年を通して湿度が高く、木造家屋の多い日本では、布団やカーペットの中、お風呂場など様々な場所にカビが発生しやすいと言われています。

そして意外な盲点なのが、クーラーや空気清浄機内に発生するカビ。しばらく使用していなかったり、フィルターの掃除を怠ったクーラーや空気清浄機内には目に見えないところにカビが発生していることが。

夏場にこれらの家電を使いだして空気中にまき散らされたカビの胞子を吸い込みすぎてしまうと、夏型過敏性肺炎にかかってしまいます。

 

夏型過敏性肺炎の主な症状と治療法

一番よくみられる症状は発熱、そして呼吸困難です。風邪とよく似た症状ですよね。そのため、市販されている風邪薬などを服用して治そうとする人も多いようですが、これは大きな間違い

急性と慢性があり、急性の場合は原因から離れることにより症状が緩和されますが、慢性的に原因となるカビを吸い続けてしまうと、原因となるカビを取り除いても症状だけが残ってしまうこともある怖い病気です。

byouki_oldman

夏場に咳がおさまらない、違和感を感じるなどの場合は「夏風邪だろうから薬を飲んでいれば治るかな」、と面倒がらず呼吸器内科を受診してください。

慢性化してしまった場合は、医療機関の診断によりステロイド薬の経口・点滴投与や酸素吸入を受けることもあります。応急処置としては、カビをそれ以上吸い込まないようにマスクを着用することも十分に有効的な手段です。

 

【スポンサーリンク】

 

夏型過敏性肺炎の予防対策

夏型過敏性肺炎の予防対策、それはずばり「カビを発生させない、増やさない」ことです!お布団など梅雨時にダニ・カビが発生しやすいものは乾燥機を使って乾いた空気を通すと良いですよ。

kaden_kansouki

お風呂場や水回りは日ごろからしっかり乾燥させてカビを発生させないよう心掛けましょう。

クーラーや空気清浄機などは取扱説明書に書いてあるフィルターの交換時期を守り、特にクーラーは業者の方に頼んで、年に一度はとことん掃除をしてもらう事をオススメします。

職場などこういった対策がとりにくい場合は、咳が始まったと思ったらマスクをし、それ以上カビを吸い込まないようにすることが肝心です。

 

(まとめ)

いかがですか?一見怖い夏型過敏性肺炎ですが、原因を知り対策を講じればきちんと防げる病気です。特に小さいお子さんがいる家庭では、こういった病気は気を付けたいですよね。

夏型過敏性肺炎を防ぐだけでなく、きれいな空気で暮らす毎日は心地いいもの。これを機に、目に見えないカビにもぜひ気を付けてみてください!

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30