力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

辛いものを食べて下痢に…お腹が痛い時の対策と事前に予防する方法

food_nabe (1)

これからの季節、食べたくなるものと言えばやっぱりお鍋!

鶏肉や豚肉が入ったみそ味の日本伝統のお鍋もいいですが、冷え切った体を芯から温めてくれる唐辛子のたっぷり効いたチゲ鍋や中華の火鍋も良いですよね。

「ただ、辛い料理を食べるとどうしても下痢になっちゃう・・・」ってことありませんか?

どうして辛いものを食べると下痢になったりお腹が痛くなってしまうのでしょうか。

効果的な予防策・対処策はあるのか、お伝えしていこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

辛いものを食べて腹痛が起きる原因

benpi_geri_woman (1)

辛い食べ物には唐辛子などスパイス類が多く使われていますよね。

この唐辛子などには“カプサイシン”と呼ばれる辛味成分が多く含まれています。

カプサイシンで腹痛が起きてしまうかどうかの許容量にはかなり個人差があると言われており、自分の体の許容範囲以上に摂取してしまうと粘膜が傷ついて胃腸が荒れてしまうんです。

例えば(想像するだけで痛いですが)、唐辛子を目にこすりつけてみると考えてください。

たぶん驚くほど痛いです。

同時に涙もボロボロこぼれて止まらないはずです。

辛い料理を食べたあとに腹痛がする場合は、これと同じことが体内で起こっているということです。

 

辛いものを食べて下痢になる理由

virus_fukutsuu (1)

さて、このカプサイシンは、自律神経の一つである“交感神経”を緊張させる働きもあります。

交感神経が緊張すると腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発化し、腸内の便がすぐに肛門へと送られてしまいます。

どんどん排出されていく便というものは大腸で十分に水分が吸収されないまま排出してしまうので、下痢(=軟便)になってしまうのです。

 

辛い食べ物で腹痛や下痢にならないためには?

yakuzaishi_soudan

何度腹痛や下痢を経験しても、やっぱり辛いものはおいしいし、分かっていても食べてしまうことってありますよね。

上述したように、カプサイシンの許容量には個人差がありますので、一番良いのは自分の許容範囲を知っておくことです。

「これぐらいならお腹が痛くならないな」というラインを知ることで、カプサイシンの過剰摂取を防ぎましょう。

また、辛いものを食べる前にヨーグルト牛乳チーズなどを食べておくとカプサイシンの刺激を和らげることができます。

これは乳製品にふくまれる“ガゼイン”というたんぱく質が、胃の中で薄い膜を張ることでカプサイシンが体内に摂取される量を軽減してくれるからです。

ただ牛乳の飲みすぎで下痢を起こしてしまう体質の人もいますので、普段飲みなれないようならヨーグルトを食べる方が良いかもしれませんね。

逆に、カプサイシンは水に溶けないので、辛いものを食べるときにいくら水を飲んでも辛さはなくなりません。

レモンなどに含まれるクエン酸の酸味は辛さを和らげる効果がありますので、レモンジュースラッシーなど、酸味の効いた飲み物を一緒に摂ると良いでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

カプサイシンを取りすぎるとどうなる?

kyoufusyou_ansyo

最後にちょっとだけ怖い話をします。

カプサイシンは少量なら問題はないのですが、腹痛や下痢が繰り返し起こるくらい頻繁に過剰摂取していると、病気の元になってしまうことがあるそうです。

 

・胃に穴が開いてしまう

atama_kakaeru_man

カプサイシンは粘膜を傷つけてしまうと先ほど述べましたが、場合によっては胃に穴を開けてしまうことも!

こうなってしまうと簡単には治りません。

吐血することだってありえます。

辛い料理を頻繁に大量に摂取する、あるいは急に唐辛子を多量に摂取することはくれぐれも控えましょう。

 

・精神疾患

utsu_man

カプサイシンを毎日摂取しすぎてしまうと、精神疾患を引き起こすことがあるそうです。

カプサイシンによって感じる“辛味”というのは、実は“痛み”と同じなのですが、人間の体は痛さを感じると脳や神経を守るためにアドレナリンを分泌させます。

アドレナリンが過剰に分泌されたり、恒常的に分泌されている状態が続くと大事な脳や神経がダメージを受けて精神を病んでしまうそうです。

 

・胃がん

haraita_woman

カプサイシンの摂取で胃腸の粘膜が荒れる、治る、また摂取して荒れる。

この状態を幾度もなく繰り返し続けていると、荒れた胃の粘膜がガン化してしまいます。

これは唐辛子をたくさん食べる人の方が胃がんのリスクが高くなるという調査結果にも表れています。

 

まとめ

最後に食欲がなくなるような話になってしまって恐縮ですが、何事もほどほどが肝心、ということです。

腹痛や下痢は身体の出している救難信号。

辛いものがどれだけ美味しくても、腹痛や下痢が繰り返し起きるようなら自分の体に合わない量を食べ過ぎてしまっているのかもしれませんね。

まずは自分がどれだけの量ならお腹が痛くならないのか、見直してみてはいかがでしょうか。

適量であればカプサイシンは食欲を促進させてくれる素敵な働きがあります。

美味しい辛い料理を美味しく食べて、食べたあともその気持ちを持ち続けられるようになれば良いなと思います。

関連記事

カップ麺で下痢の症状が…下痢体質を改善する為に有効な方法とは

過敏性腸症候群になったから分かる!下痢や吐き気の治し方を解説

アイスを食べて下痢や腹痛の症状が…原因と正しい対処法

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031