力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ダイエット効果絶大!代謝を上げる意外な飲み物とは?

waist_woman_fat

薄手の服が活躍する季節、ダイエットシーズンが今年もやってきました。

この季節になるとテレビや雑誌で「〇〇置換ダイエットでウェスト減」「△△で10kgやせる!」など、その年その年流行のスーパーフードや筋トレ法などが紹介されるのですが、ここ数年取り上げられているキーワードは、ずばり『代謝を上げるダイエット』。

『代謝』という言葉は聞きなれていても、なぜ代謝を上げると痩せるのか?代謝を上げる方法は?など、基本的なことまでご存知ですか?

今回は代謝とダイエットに関する基礎知識、そして代謝を上げる方法として今大人気のある飲み物についてお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

代謝を上げるってどういうこと?

futon_moufu

最近のダイエット番組や雑誌の特集記事で、よく「代謝を上げてダイエット成功!」などの文言を耳にしたり目にしたりしませんか?

従来のダイエット方法は“自分に厳しい条件を課して運動を増やす”、あるいは“辛い食事制限を設けるなどに取り組む”などが多く、なかなか思うように体重が落ちずなし崩しにダイエットを止めてしまう、というパターンが筆者自身も周りの知人にも多かったように思います。

最近流行の「代謝を上げるダイエット」とは、もっと身体の中からアプローチしよう、という動きです。

代謝とは、そもそも「摂取したエネルギーや栄養素が体内で利用・消費されること」を指します。

代謝は大きく二つに分けることができ、それぞれ「同化作用」「異化作用」といいます。

同化作用:身体を合成する代謝

異化作用:エネルギーとして消費される代謝

同化作用は摂取した食物などを分解し、血液、筋肉、皮膚、髪など身体の各組織を作り出す働きです。

例えばダイエットの天敵である「脂肪」ですが、この脂肪を蓄える働きも、「身体を合成する」という代謝の働きによるもの。

では異化作用とはどのような働きなのかというと、同化作用とは逆に運動をして筋肉を動かしたり体温を一定に保つためにエネルギーを利用する働きです。

一般的にダイエットと言えばこちらの働きの代謝を指すことが多いようです。

 

代謝を上げて得られるダイエット効果とは?

shibou_nensyou

上述のように、代謝を上げるダイエットでは毎日の食事で摂取した食事で得たカロリーを、どれだけエネルギーとして消費できるか、という点で特に「異化作用」が注目されています。

そして異化作用、つまりエネルギー消費系の代謝はさらに以下の三種類に分けることができます。

基礎代謝:呼吸・内臓の維持・体温調節など安静にしていても消費されるエネルギー
生活活動代謝:歩行や運動など、身体を動かすときに使うエネルギー
DIT(食事誘導性体熱産生):食事中、消化→吸収の過程で消費されるエネルギー

さらに、消費エネルギー全体を100と考えると、この三種類の比率は、

基礎代謝70% + ②生活活動代謝20% + ③DIT(食事誘導性体熱産生)10%

であると言われています。

「運動すれば痩せる」「食事を減らせば痩せる」

こういった考え方は決して間違いではありません。

適度な運動と食事制限は体重を落とすためだけでなく、生活習慣病の予防などにも有効です。

しかし生活活動代謝20%に比べ安静時でも消費されるエネルギーである基礎代謝が消費エネルギーの70%を占めている、ということは、基礎代謝を上げれば、

無理なダイエット→辞める→もう一度ダイエットに挑戦→辞める・・・

という負のループから抜け出せるかもしれないということです。

lipchap_woman

そしてここでさらにダイエットの重要ポイント!基礎代謝の内訳をさらに詳しくみてみましょう。

以前までは基礎代謝の約40%は筋肉によって消費される、と言われていましたが・・・

筋肉:18%

脳:19%

腎臓:10%

心臓:7%

その他:19%

肝臓:27%

最新の医学情報では、なんと肝臓による基礎代謝量が一番多いことが分かったのです!

極端な話ですが、肝臓の機能が優れている人と普通の人が毎日20キロ走ったとしても同じようなダイエット効果は得られにくい、ということです。

運動量は同じだとしても、椅子に座っている時、寝ている時などに消費するカロリー量に差がでてしまうためです。

効果的なダイエットの秘訣は“肝臓機能の改善”と、“基礎代謝によるエネルギー量を上げる”ことにありそうですね!

 

代謝を上げる食べもの・飲み物とは?

seikatsu_syukan_woman_good

無理な運動によるダイエットはなかなか続けられないことは、多くの方がご自身の経験によってご存知のはず。

そして単純に消費カロリー量を上げようと思うのであれば、肝臓の機能を改善することが有効だということが分かりました。

であれば、日常生活、とくに食習慣の改善で肝機能がアップするのでは?と思い、肝臓によい食習慣について調べてみました。

 

<まずは食習慣から>

food_eiyou6_syokumotsu_seni

・きちんと3食とる

・過度なダイエットは禁物。タンパク質は毎食摂るのがベスト

・生野菜、海藻は積極的に食べてミネラル・ビタミンを補給

・アルコール類は控える

・糖の塊であるジュースや甘いお菓子の摂りすぎに注意

「いつものダイエットと一緒では?」「これくらい普通にやってる」と思いますか?

しかしポイントは『栄養バランス』にあります。

食事制限ダイエットや糖質制限ダイエットが流行していますが、過度な制限は禁物です。

確かにお米やパンなど炭水化物は糖質を多く含むのでダイエットでは敬遠されがちですが、あまりに糖質を制限すると「低栄養性脂肪肝」という状態になり、肝機能が低下してしまうことがあるのです。

糖質を制限しすぎると、肝臓は身体のいたるところから脂肪を集めて機能障害を防ごうとする自衛本能があるのですが、この働きが結果として脂肪肝を引き起こしてしまいます。

糖質制限はジュースやお菓子をできるだけ我慢するだけにして、白米やパンは全てを制限するのではなくもち麦や雑穀を混ぜたお米などを食べましょう。

肉類でタンパク質を、野菜や果実でビタミンを、そして海藻類などでミネラルをバランスよく取り入れた食事を心がければ自然と代謝はアップします。

 

<栄養バランスを整えるには?>

hand-1218086_640

肝臓機能をアップして基礎代謝を上げることがダイエット成功の秘訣であることはお分かりいただけたと思いますが、「自炊する時間がない」「バランスを考えるのが難しい」という方もいらっしゃいますよね。

それに、例えなにが身体に良いのか、どうすればいいか分かったとしても、『一度に全てを完璧に!』というのはなかなか難しいものです。

そんな方にお勧めなのが普段の食事にプラスして栄養バランスを整え、さらにダイエット効果があるとして最近もっとも注目されている、青汁。

昔から日本に伝わる健康食品なので「いまさら青汁?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、実は青汁にはダイエット成功の秘密が隠れていたのです。

 

【スポンサーリンク】

 

青汁で代謝が上がるって本当?

aojiru_woman

青汁の原料はご存知の通り、野菜。

青汁の原材料として一般的なクマザサや明日葉にはビタミンが多く含まれており、日々の食事で不足しがちのビタミンを一日一杯の青汁で補給することができます。

また、野菜の食物繊維も多く含まれているので、整腸作用や糖の吸収を遅らせるなどの効果も期待できます。

ただ、青汁と言えば“青臭くて飲みにくい”“まずい”という昔からのイメージがありませんか?

実際、筆者も小さい頃に飲んだ青汁は毎日続けるにはきついなぁ・・・という味でした。

しかし、今では飲みやすい青汁、しかもダイエットに特化した青汁が開発されているみたいです。

それがモデルのペコさんも激やせに成功したと噂の『めっちゃぜいたくフルーツ青汁』

詳細はこちら⇒あの「ぺこちゃん」も実践した簡単ダイエット!なんとマイナス10kg!?

実際のところ、どういった成分が配合されているのか、気になったのでチェックしてみました。

 

<めっちゃぜいたくフルーツ青汁の原料>

aojiru

まず、めっちゃぜいたくフルーツ青汁の原料は4種類の国産野菜です。

大麦若葉:ビタミンEが人参の約44倍!ビタミンB1がキャベツの約38倍!
クマザサ:食物繊維がごぼうの約11倍!アミノ酸が牛乳の約2倍!
明日葉:カリウムがピーマンの約8個分!βカロチンがトマトの約8個分!
甘藷若葉:αカロテンがトマトの約5倍!ビタミンB2がトマとの約8.5倍!

生のお野菜の何倍ものビタミンや栄養素が含まれていることが分かりますね。

繰り返しになりますが、基礎代謝アップにはビタミンが欠かせません。

一日たった一杯の青汁で人参やごぼう、トマトを何十個分も食べているのと同じだと考えれば、とても効率的だということが分かります。

試してみる⇒めっちゃぜいたくフルーツ青汁

 

<強力なダイエットサポート>

waist_woman_thin

めっちゃぜいたくフルーツ青汁には181種類の熟成酵素が配合されています。

果物・野菜・野草・海藻由来のこれらの酵素は食品の栄養を高めたり、吸収を助ける働きがありますので、先ほどのミネラルやビタミンがより身体に吸収されやすくなります。

試してみる⇒めっちゃぜいたくフルーツ青汁

 

<3種類の美容成分>

biyou_tsurutsuru

ただ痩せるだけでなく、美肌も叶えてくれるのがめっちゃぜいたくフルーツ青汁のスゴイところ。

透明感を出してくれるプラセンタ、保湿に重要なセラミド、もちもち肌を実現するヒアルロン酸が配合されています。

他にもポリフェノールたっぷりのヨガフルーツ、腸内環境を整える乳酸菌、女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンなどの成分も含まれ、全てがぎゅっと詰まった青汁となっています。

試してみる⇒めっちゃぜいたくフルーツ青汁なら1食置き換えで簡単ダイエット!

 

まとめ

「毎日の運動が続けられない」「運動しても痩せない」「好きなものが食べられなくて辛い」

どれも筆者自身も経験したダイエット失敗の理由ですが、それもこれも重要なことを知らずにダイエットをしていたため失敗したのだということが分かりました。

大事なのは身体の内側から栄養を吸収しやすい身体をつくり、代謝を上げること。

バランスのとれた食事や十分な睡眠など基本的なことをおろそかにしてただただ運動をしていても効果が出にくいということですね。

毎年のダイエットに疲れた、今年こそ成功させたい!という方はめっちゃぜいたくフルーツ青汁を取り入れて痩せやすい代謝の上がった身体を手に入れてみてはいかがでしょうか?

今年こそダイエットを成功させる!めっちゃぜいたくフルーツ青汁

 

関連記事

ビタバァレー|栄養満点でダイエット効果あり 美味しい炊き方も伝授

有酸素運動|健康的な実践の頻度を解説

貧乏ゆすりの意外な効能|カロリー消費の効果あり

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031