力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

基礎代謝を上げる食べ物とは お手軽な方法も教えます

achilles_man (1)

最近、ダイエットや健康食品の番組で“代謝を上げる”という言葉をよく耳にするようになったと思いませんか?

なぜ代謝を上げると痩せるのか、その理由はご存知ですか?

ほかにもいろいろなダイエット方法が世の中にはあふれていますが、そもそもの考え方が違うということはご存知でしょうか。

例えば一昔前は“ゆで卵ダイエット”“りんごダイエット”のように一つの食品を食べることで痩せる!

というダイエットが流行りました。

しかしこれは栄養素が偏るためお肌の調子が悪くなったりとデメリットも多く、今は主流ではなくなりましたね。

ほかには例えば“糖質制限ダイエット”も最近流行っていますね。

砂糖が含まれるお菓子はもちろんのこと、お米や小麦粉など、摂取→消化→吸収の過程で糖に代わる炭水化物も控えよう、というダイエットです。

体験談などを聞くとちゃんと毎食炭水化物を抜き、ある程度続けた人は結果が出ています。

しかし例えば1年も2年も続けるには厳しいので、それなりに痩せた後は止めてしまって少し体重が戻る、という話を聞きました。

“代謝を上げる”というダイエット方法は、“脂肪を落とす”“食べる量を減らす”といったこれまでのダイエット方法とは違う考え方です。

今からダイエットを始めようと考えている方、今までいろいろダイエットを試したけど失敗した・・・という方にはぜひ読んでいただきたい、「代謝を上げて痩せやすいからだをつくるメソッド」をご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

代謝を上げるとなぜ痩せやすくなるのか?

shibou_nensyou

“代謝を上げると痩せやすい”と聞いてもピンと来ない方もいるでしょうから、まずは“代謝とは何か”ということをご説明します。

私たちのからだは日々食事によって摂取したエネルギーを消費して動いています。

この消費活動自体を“代謝”と呼びます。

代謝には大きく、

同化作用:身体を合成する代謝
異化作用:エネルギーとして消費される代謝

という二つの作用があり、同化作用は摂取した食物などを分解し、血液、筋肉、皮膚、髪など身体の各組織を作り出す働きです。

異化作用は同化作用とは逆に運動をして筋肉を動かしたり体温を一定に保つためにエネルギーを利用する働きで、ダイエットにおいてはこの異化作用が重要になってきます。

異化作用、つまりエネルギー消費系の代謝はさらに以下の三種類に分けることができます。

① 基礎代謝:呼吸・内臓の維持・体温調節など安静にしていても消費されるエネルギー
② 生活活動代謝:歩行や運動など、身体を動かすときに使うエネルギー
③ DIT(食事誘導性体熱産生):食事中、消化→吸収の過程で消費されるエネルギー

ある人の消費エネルギー全体を100と考えると、この三種類の比率は

① 基礎代謝70% + ②生活活動代謝20% + ③DIT(食事誘導性体熱産生)10%

であると言われています。

意外にも、運動による②生活活動代謝よりも①基礎代謝の方が消費割合は大きいということが分かります。

つまり、激しい運動を毎日続けるよりも基礎代謝を上げることによって、極端な話“寝ているだけ”で痩せることも可能なのです。

代謝を上げるには、筋肉量を増やすための筋トレや、老廃物の排出を促すためのリンパマッサージ、有酸素運動などいろいろな方法がありますが、今回は“代謝を上げやすくする食べ物”に焦点を当ててご紹介します。

『運動は毎日続けるのが難しい』という人でも、食事は毎日摂りますよね。

その内容から見直すことで代謝を上げ、痩せやすいからだを手に入れましょう!

 

代謝を上げやすくする食べ物とは?

roujin_ryouri_obaasan

それではいよいよ、基礎代謝を上げるためにたくさん食べるとよいとされている食品をご紹介します。

 

<ビタミンB>

tamago_pack

レバー、豚肉、たまご、青魚、牛乳、納豆etc

ビタミンB群は代謝のサポートをしてくれるものが多くあるので、ぜひ積極的に摂取したいところ。

例えば、

ビタミンB1・・・糖質
ビタミンB2・・・脂質
ビタミンB6・・・タンパク質

の代謝をサポートしてくれます。

 

<アミノ酸>

niku_buta

一口にアミノ酸といってもいろいろな種類があるのですが、中でも

・リジン(主に肉類、魚介類、牛乳、大豆などに含まれる)
・アラニン(主にしじみ、あさり、かに、鶏肉など)
・プロリン(主に豚肉、カツオ、チーズなど)

は脂肪燃焼の働きがあるため、摂取した栄養素をより効率的にエネルギーに変換してくれます。

 

<よう素>

food_cut_wakame

よう素は代謝アップに欠かせません!

基礎代謝を高めてエネルギー消費量をアップしてくれる働きを持つよう素は、主に炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を高めてくれます。

よう素を多く含む食べ物には昆布、わかめ、かき、さけなどが挙げられます。

 

<体を温めてくれる食べ物>

tougarashi_redpepper

筆者が周囲の人を見ていて気付いたことですが、太っている人・痩せている人を比べた場合、太っている人は体温が低く痩せている人は体温が高いことが多いように思います。

これにも基礎代謝が大きく関係していました。

基礎代謝とは、呼吸や臓器の働きなどからだを動かす基本的な働きをするエネルギーを指します。

からだが冷えると臓器の働きは低下してしまい、基礎代謝も下がってしまうので、唐辛子に多く含まれるカプサイシンやショウガに含まれるショウガオールという成分が体温アップの助けになってくれます。

いかがでしょうか?

この3日ほどの自分の食事を思い返してみて、上記のような食物を十分にとれているでしょうか?

もちろんこのほかの食品も健康維持には欠かせません。

ですが基礎代謝アップのためにもビタミンB群やアミノ酸を多く含む食品を積極的に取り入れたいところですね。

 

【スポンサーリンク】

 

もっとお手軽に代謝を上げられない!?という方へ

yakkyoku_yakuzaishi

ただ、

「毎食気を付けることは難しい」
「自炊する時間がなく外食が多いので栄養素が偏りがち」

という方もいらっしゃると思います。

ダイエットの敵はなによりも「無理をすること」です。

「あ、なんだか面倒だな」
「毎日続けるのはしんどいな」

こういったちょっとしたネガティブな気持ちがあるとダイエットは続けられません。

そういった方には代謝を上げるためのサポート製品をご紹介します!

その商品は、いま多くの芸能人や使用した方の口コミで人気の「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」です。

公式サイト⇒めっちゃぜいたくフルーツ青汁

激やせしたと注目のモデル・ぺこさんがイメージキャラクターを務めるこの商品、「いったいどこが代謝アップに効果的なの?」「なにがぜいたくなの?」と思われるかもしれませんが、実は代謝アップにつながる栄養素がたっぷり含まれています。

 

<ぜいたくな4種の国産青汁原料>

aojiru

もともと青汁は日本に昔から伝わる健康食品。

ただ、「青くさい」「まずい」といったイメージも多くもたれていて、健康に良いとは思っていてもなかなか手が出にくい飲み物です。

しかし、青汁成分には代謝アップのための栄養素がたくさん含まれているんです。

・大麦若葉・・・ビタミンEがにんじんの約44倍!ビタミンB2がキャベツの約38倍!
・クマザサ・・・食物繊維がごぼうの約11倍!アミノ酸が牛乳、米の約2倍!
・明日葉・・・カリウムがピーマンの約8倍!βカロテンがトマトの約8倍!
・甘藷若葉・・・αカロテンがトマトの約22.5倍!ビタミンB2がトマトの約8.5倍!

前の項目でご紹介したビタミンB群、アミノ酸などが青汁成分だけでたっぷり含まれていることがわかりますね。

そして贅沢にもすべて国産ですから、成分に不安が・・・という方も安心して飲んでいただくことができます。

 

<ぜいたくな181種の熟成酵素>

5090da5e5f701c554755be06a190d5d8

ほかにも、果物、野菜、野草、海藻をじっくり熟成させて抽出した181種類の酵素もたっぷり含まれています。

 

<ぜいたくな3種の美容成分>

suppliment_hyaluronic

無理なダイエットで失敗しがちなのが、必要な栄養素が足りずに陥るカサカサ肌などの美容問題。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁には、3大美容成分である

・プラセンタ
・セラミド
・ヒアルロン酸

が配合されていますので、食事の量を減らして栄養素が不足しがちなダイエッターの方でもカサカサ肌を防ぐ効果があります。

これは女性にはうれしい効果ですね。

 

<ぜいたくサポート成分>

drink_nyuusankin-2

さらに、健康的に痩せやすい体をつくるサポート成分が3つも含まれています。

・ヨガフルーツ(ポリフェノールを多く含み、すっきりきれいなからだへ)
・乳酸菌(腸内環境をととのえ、栄養素をしっかり吸収するからだへ)
・大豆イソフラボン(女性ホルモンと同じ働きをする大豆成分で女性らしいからだへ)

毎日飲むだけで代謝アップはもちろん、ダイエットに重要な酵素もふんだんに使用されためっちゃぜいたくフルーツ青汁。

お手軽に代謝アップしたい方はもちろん、食事や運動に加え、さらに効率的に代謝アップさせたい方は、是非めちゃぜいたくフルーツ青汁の効果を実感してみてはいかがでしょうか?

お試しはこちら⇒あの「ぺこちゃん」も実践した簡単ダイエット!なんとマイナス10kg!?

 

まとめ

いかがでしょうか?

基礎代謝を上げることで、無理なダイエットを頑張らなくても健康的で痩せやすいからだづくりが可能であることがお分かりいただけましたでしょうか?

「短期間で効果を上げたい」という方や、「自力で必要な栄養素を取り続けるのには不安が・・・」という方にはめっちゃぜいたくフルーツ青汁をサポートとして取り入れていただけると良いと思います。

今すぐお試ししてみる⇒めっちゃぜいたくフルーツ青汁

関連記事

代謝を上げるサプリメントでダイエット!ランキングにしてみた

ダイエット効果絶大!代謝を上げる意外な飲み物とは?

ホルモンバランスの乱れによる症状とその原因 治すことでのメリットとは?

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30