力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

手足口病の潜伏期間中に接触してもうつるのかを解説

-shared-img-thumb-LISA141018447320_TP_V

乳幼児がかかりやすいウイルス性の病気の一つ「手足口病」。小さいお子さんがいるお母さんなら一度は聞いたことがあると思います。感染力が非常に高いのがこの病気の厄介なところ。

保育園や幼稚園など集団生活に身を置く場合は、いくら症状が軽いからといって登園させてしまうと、他の子にどんどん広まってしまい、悪くすれば「誰がうちの子にうつしたの!?」とトラブルになりかねません。

では一体何をどのくらい気を付ければよいのか?今回は手足口病の潜伏期間、そして潜伏期間中の接触などでも他人にうつしてしまうものなのかに焦点をあてて解説します。

 

【スポンサーリンク】

 

手足口病の潜伏期間

baikin_genki

手足口病は風邪やインフルエンザと同じウイルス性の病気。そのため、他の人にうつしてしまう恐れがあります。

ウイルス感染から咳、くしゃみ、発疹などの症状を発症するまでの期間(潜伏期間)は約2~5日間と言われ、個人差があります。

この潜伏期間中には前述したような症状は現れません。

 

手足口病の潜伏期間中に患者と接触したらうつるの?

hands-263341_640

手足口病の潜伏期間中にもすでにウイルスが体内にあるとは言え、必ずしも周囲の人間が感染するわけではありません。

手足口病のウイルスは唾液や鼻水、発疹部分、そして排泄物の中に含まれます。

これらのウイルスが唾液や鼻水などから消滅するまでの期間は発症から2週間くらい、同じく発疹部分のかさぶたが治るまでも2週間くらいです。

排泄物内のウイルスが消えるまでが一番長く、さらに2週間かかるといわれています。

つまり、周囲の人間が一番感染しやすい時期は発症から2週間くらいの間咳やくしゃみが一番激しい時期だと言えるでしょう。

kafun_kusyami

発症したお子さんが乳幼児でおむつ替えをする必要がある場合は、発症から1ヵ月くらいの間注意が必要です。

手洗い・消毒、うがい、そしてご家庭の中でもマスクを着用するなどで感染を予防することができます。

※潜伏期間中に予防接種を受けてしまったかもしれない…と不安な方は『関連記事手足口病の潜伏期間中に予防接種を受けても大丈夫なの?』もチェックしておきましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

~まとめ~

お子さんが小さい間はちょっとした病気でも心配になるものです。

通っている保育園や幼稚園で手足口病が流行し始めたら、「うちの子にもうつっているんじゃないかしら?」と不安になりますよね。

「もううつっているとしたら幼稚園を休ませた方がいいのかな?」と悩まれたりもするでしょう。

ただ、手足口病の場合、潜伏期間中の接触などによる感染は低いため、そこまで神経質になる必要はないといえます。

しかし、発症してしまった場合はマスクを着用させたり、接触感染の恐れがあるプールは控えるなど、お互いに気遣いあうマナーを心掛けたいですね。

※ちなみに詳しい感染経路については『関連記事手足口病の潜伏期間と気を付けたい感染経路のまとめ』をご覧ください。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930