力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

突発性発疹だったの?症状が軽い場合も要注意

hatsunetsu_kodomo

生後間もない時期に高熱に襲われ、その後体中に発疹があらわれる「突発性発疹」は症状の重さに個人差があり、何日も熱が下がらない子から、発熱から一日で37度台にまで落ち着くなど、比較的軽く済む子もいます。

症状が軽いと、親は子どもが「突発性発疹」にかかっていることに気が付かないまま、解熱の時点で完治したと思い、病院への受診などをおこなわないまま放置してしまう場合あります。

このように症状が軽く熱がすぐ下がった場合、私達はどのような対応をしたら良いのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

以外と気づきにくい突発性発疹!症状の重さに関係なく注意

幼い子どもの発熱は親であれば誰でも心配し、うろたえてしまうものですよね。

特に「突発性発疹」は赤ちゃんが生後はじめて発熱する原因である場合が多く、新米ママたちにとっては子どもの病気を乗り越える最初の登竜門と言えるでしょう。

しかしこの「突発性発疹」、子どもたちの中には発熱から一日で熱が下がるなど、一般的に言われている症状よりも軽いものもあり、子どもが「突発性発疹」にかかっていると知らずに過ごしてしまうこともあるようです。

病院などで言われている「突発性発疹」の一般的な症状は初期症状である39度前後の高熱が3~4日ほど続き、解熱後体中に出てくる発疹も消えるまで4日ほどかかります。『関連記事:突発性発疹に感染!症状はいつまで続くのか

そのため発熱から一日で熱が下がる、解熱後の発疹が見られないなどの症状は一見すると、「ただ風邪を引いただけで、『突発性発疹』ではないのでは?」と思わされるでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

ここで注意しなければならないのは「突発性発疹」は解熱後の発疹が出た時点で完治していると言われていることです。

つまり症状が軽く早い段階で熱が下がっていても、「突発性発疹」である場合、まだ完治してるとは限らないため抵抗力などが下がったままの状態といえます。

その段階で油断すると、また高熱をぶり返したり、他の感染症にかかってしまう恐れがあるのです。

kaze_woman (2)

しかし素人目で判断することなく、子どもが発熱した時点で病院へ行き、医師から適切な診断を受けましょう。

ここで医師から「突発性発疹」の診断を受ければ、特に薬などを与える必要もなく、あとは水分の補給や熱性けいれんなどに気を付けながら、安静に過ごさせることで回復へと向かっていきます。

tsugaku_boy

また反対に、子どもの発熱に対して一般的に言われている「突発性発疹」の症状と似ているからと自己判断し、病院に行くことなく独自に「突発性発疹」に対する対応のみ子どもに行う方がまれにおり、非常に危険だと言われています。

先ほどもお伝えしたように、私たちが子どもの症状を見てそれが「突発性発疹」なのか否かを判断するのは難しく、仮に他の重大な病気が原因で発熱している場合、手遅れになる可能性があります。

子どもの健やかな成長をサポートする意味でも、子どもが発熱した場合はすぐに小児科を受診し、プロの指示を仰ぐのが賢明です。

 

~まとめ~

子どもが高熱を出した場合、その症状が軽く一見するとただの風邪のように見えても、実は「突発性発疹」である可能性があります。

「突発性発疹」は解熱後に発疹が出た時点で完治したと判断されるため、それまでの間安静にしていなければなりません。

完治していない段階で、外出するなど体力を消耗するような行動をとれば、高熱をぶり返したり、他の感染症にかかってしまう等の危険性があります。

なので早い時期に熱が下がったからといって「突発性発疹」ではないと自己判断せず、小児科に受診し医師の指示を仰ぎましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031