力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

突発性発疹に感染!外出はいつから可能なの?

akachan_asemo

お母さんからの免疫がきれてくる生後6か月頃から感染しやすくなると言われいる「突発性発疹」

熱が引いても、体中に出てくる発疹が特徴で、慣れない不快感などから機嫌が悪くなってしまう赤ちゃんも多くいます。『関連記事突発性発疹|症状の経過の流れ~機嫌が悪くなる場合も~

お母さんとしては、気晴らしに外にでも連れ出して、なんとか赤ちゃんの機嫌を取りたいものですよね…。『関連記事突発性発疹の不機嫌状態はいつまで続く?効果抜群の対処法を紹介

もし子どもが「突発性発疹」にかかったら、いつから外出が可能なのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

突発性発疹にかかったら外出は可能?

tsugaku_boy

乳幼児が多く感染する「突発性発疹」は3、4日の高熱(39ど前後)が続き、解熱後に体にできる発疹を確認して初めて判明する病気です。

つまり、子どもが「突発性発疹」だと分かった時には、すでに熱も引いて病気は完治している状態だと言えます。

しかし体にまだ発疹が出ている状態で、子どもを外に連れ出し、他の子どもと接触させても大丈夫なのか?

また外出したことで、症状がぶり返したりしないのか?など…。

子どもが「突発性発疹」にかかった場合、いつ頃から外出が可能なのかが気になるお母さんたちが多くいるようですね。

shinpai_woman

先ほども書きましたが、「突発性発疹」熱が下がり体に発疹が出てきている時点で、完治しています

なので、外に連れ出して、他の子どもたちと接触しても、感染することはありません

もし子どもを保育園に通わせている場合も、熱が下がり発疹が確認できた時点で登園OKがでる場合が多いです※詳しくは『関連記事突発性発疹で保育園はいつから行ける?登園許可の基準とは』からご覧ください。

ただ気を付けなければならないのは、高熱が出ている3、4日の間に、子どもは相当の体力を消耗しているということです。

 

【スポンサーリンク】

 

この期間で免疫力が低下していることが考えられるため、たとえこちらから「突発性発疹」を他の子どもにうつすことはなくても、他のところからウイルスをもらいやすい状態であると言えます。

また、児童館や公園などに子どもを連れて行った際、体に発疹が出ているのを他のお母さんたちが目撃すると、「自分の子にうつるんじゃないか?」と不安にさせてしまうこともあります。

だからと言って「突発性発疹に感染していたが、熱も下がり感染する危険はない。」と一々説明して回るのは大変ですよね。

なので解熱して発疹を確認してから2日ほどはスーパーに買い物に行く程度に抑え、発疹も引き子どもの機嫌が良くなるまで様子をみた方が無難です。

症状が安定するまでの期間は限られているので、ベランダやお庭でのシャボン玉や、室内でのボール遊びなど…子どもに無理をさせない程度に気分転換できればいいですよね。

 

まとめ

子どもが「突発性発疹」に感染した場合、熱が引き体に発疹が出た時点で完治していていると言えます。

なので病院ではその時点で「外出OK」とされる場合が多く、保育園などへの登園再開も可能となります。

しかし数日間続いた高熱により体力も免疫力も落ちている状態なため、新たに別の感染症にかかる可能性が高く、あまり無理はさせない方が良いでしょう。

また、症状自体が軽い場合もありますが、そんな時でも注意が必要です。『関連記事突発性発疹だったの?症状が軽い場合も要注意

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031