力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

手足口病|子供の症状まとめ 感染原因や治療法を徹底網羅

sick_teashikuchibyou

夏場に幼稚園や保育園で広まりやすい手足口病。その名の通り、手足や口内などに発疹や水膨れができ、場合によっては発熱を伴う病気です。

可愛いわが子が痒がっていたり熱を出したりすると、看病するママも見ているだけでも辛いですよね。

感染力が高い病気なので感染を100%予防することは難しいのが現実なのですが、周囲で発症した人がいると分かった時、いつも以上に気を付けたいこと、

万一子どもが発症してしまった場合の対処法、感染を広げないためのエチケットなど、まとめてご紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

手足口病の原因と感染経路

sick_kansensyou

手足口病は夏場を中心に子どもたちの間で広がることが多く、夏風邪の一種としてよく知られています。

原因となるウイルスは主にコクサッキーA6、16ウイルスエンテロウイルス71です。※コクサッキーウイルスについては『関連記事:コクサッキーウイルスの感染経路や症状~心筋炎の原因に~』からご確認ください。

また、感染経路には飛沫感染接触感染糞口感染3つがあります。

・飛沫感染:咳やくしゃみで空気中に飛散したウイルスを吸い込むなどして感染

・接触感染:ウイルスが付着した物体(おもちゃや手すりなど)に触れ、その手で目や口等粘膜に触れることで感染

・糞口感染:おむつ交換の際などに排泄物に含まれるウイルスに触れ、手などを介して口に入ることで感染

 

手足口病の潜伏期間

kin_kabi

手足口病の潜伏期間は一般的に2~5日間と言われています。この潜伏期間中には症状らしい症状は出ません。

しかし手足口病が侮れないのは、その感染力の高さ。たとえ潜伏期間中といっても人にうつしてしまう可能性があります。※詳しくは『関連記事:手足口病の潜伏期間中に接触してもうつるのかを解説』をご参照ください。

さらに、潜伏期間中に気を付けておくべき事については『関連記事手足口病の潜伏期間と気を付けたい感染経路のまとめ』をご確認ください。

 

子供が手足口病を発症したら?~初期症状~

kounaien

手足口病に感染してしまったかどうか、見分けることができる最初の症状は口の中の痛み口の中に生じる白いポツポツです。

ただ、口内の発疹やのどの痛みなどの初期症状はヘルパンギーナという子供がかかりやすい別の病気とも似ているため、見分けることが困難でしょう。※ヘルパンギーナについては『関連記事ヘルパンギーナの原因や対処法を解説~病院に行くべきか~』をご覧ください。

 

 

子供が手足口病を発症したら?~主な症状と継続期間~

baikin_genki

口内に発疹が生じたあと、手のひらや手の甲、足の裏や手足の指などにも水泡が生じます。手足に生じやすい発疹ですが、近年ではおしりや太ももなど体全体に広がる特徴が見受けられます。

一般的にはこれらの症状は約3日で症状が治まりますが、まれに重症化することもありますので高熱やおう吐、けいれんなど、少しでも違和感を感じた場合はすぐに医療機関を受診してください。『関連記事手足口病の潜伏期間や初期症状 いつまでうつるか徹底解説

 

【スポンサーリンク】

 

子供が手足口病を発症したら?~各症状への対処法~

medical_tenteki

手足口病の辛いところは、ワクチンや特効薬がないこと。そのため、主な治療法はその時々で生じている症状を緩和させることしかできません。

水泡にかゆみがあるなら抗炎症薬、発熱しているなら解熱剤、という対処療法をとりながら体力低下を防ぎつつ、自然治癒を待つしかありません。

小さいお子さんで気を付けたいのは、口内の痛みのため食欲が低下してしまうこと。

ひどい場合には脱水症状を起こしてしまい点滴が必要となることもありますので、十分な水分補給を心掛け、薄味のうどんやおかゆなど食べやすい食事を用意してあげてください。

 

子供が手足口病を発症したら?~感染拡大を防ぐために~

te_syoudoku

お子さんの通っている幼稚園や保育園で手足口病が発生した時「もし自分の子供がかかってしまったら・・・」と気になってしまいますよね。そこで、手足口病を防ぐためのエチケットをご紹介します。

まずはウイルスを拡散しない・吸い込まないようにマスクを着用すること。手洗い・うがいを心掛けること。手洗い後使用するタオルは他人と共有しないことなどが挙げられます。

お子さんの集団生活にはつきものと言える手足口病ですが、常日頃からこういったエチケット、マナーを徹底することによって感染を防ぐことも可能です。

 

~まとめ~

これから暖かい時期になり、楽しいことが多くなる時期ですよね!病気にかかって、親に温かい看病をしてもらうという経験もお子さんにとっては良い思い出になることもあると思いますが、ただでさえ子供の成長は早いもの。

できれば怪我や病気をせず日々楽しく過ごしてほしいですよね。手足口病を100%予防することは難しいですが、日ごろから手洗い・うがいを心掛けることによって感染率を低くすることは可能です!ぜひ実践してみてください。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031