力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

熱中症で吐き気やめまいが治らない時に試す応急処置

necchusyou_shitsunai

これから夏に向けて、熱い日差しの中でのスポーツや、高温多湿となった室内での作業等が増えていきますね。そんな中、熱中症になったという話をよく耳にします。

この熱中症は、吐き気やめまいなどの症状に襲われ、人によってはなかなか治らないという場合も多いようです。

今回はそんな「熱中症」になってしまった時の応急処置や、そうならないための対策をまとめてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

吐き気やめまいに襲われたら?熱中症になった時に効果的な応急処置とは

summer_necchusyou

毎年「また?」と言いたくなるほど、暑い時期になるとよく耳にするのが「熱中症で倒れた!」という話ですよね。

気温の高い中での長時間に及ぶ作業や、熱帯夜、梅雨時の晴れ間等の急な気温上昇の時にも起こりやすい症状と言われています。

本人に自覚症状がないまま症状が悪化していき、のどの渇きなどを感じはじめた時には、すでに手遅れ…という場合が多く、めまいや頭痛、吐き気など、症状には個人差があります。

necchusyou_ojiisan

また、その症状がなかなかおさまらず、つらい思いをする方もいます。

そんな熱中症に効果があると言われる応急処置は

・日陰などに連れて行き、横にさせるなどして安静にする
・水分を摂らせる
・首筋やわきの下など、太い血管の通っている部分を冷やす

など、本人の体温を下げることに集中しましょう。

また塩飴など、塩分を摂取したことで症状が回復したという例もあります。

candy

しかし、これらの応急処置は、本人の意識がハッキリしていることや体温が正常であること等、熱中症の中でも比較的症状の軽い状態の場合に効果的だと言えます。

逆に意識が朦朧としている時、水分を無理に摂らせるのは危険なので控え、病院へ受診する方が無難でしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

その他にも、発熱していたり、暑そうにしているのに汗をかいていない、けいれんしている等、症状が重い場合は救急車を呼ぶなど、医療機関の助けが必要となってきます。

このような事態にならないためにも、今から熱中症への予防対策が大切となりますよね。

室内にいる場合、熱気や湿度がこもらないよう気を配り、こまめな水分補給に努めましょう。

sports_suibun_hokyuu

また野外にいる場合も、水分補給はもちろんのこと、直射日光を避け、通気性のよい服を着るようにする等して、体に熱がたまらないよう心がける必要があります。

これからの時期、楽しいイベントが目白押しですよね!

なので尚更、熱中症になってしまうような事態を避けるためにも、日々の心がけが大切なのです。

 

~まとめ~

熱中症は悪化すると命をも脅かす恐ろしい症状です。発症した場合は、水分補修、体を冷やすなどして、まずは体温を下げるようにしてください。

それでも症状が安定しない、意識障害など重症であるといった場合は、救急車を呼ぶなどして医療機関へ助けを求めましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031