力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

首がポキポキ鳴る!「痛いけど気持ちいい」に潜む衝撃のリスクとは

katakori_massage_woman

「あ~、気持ちいい…」デスクワークや長時間のスマホ操作で、ずっと首を固定させていると、首が痛くなり、ついポキポキ鳴らしてしまいますよね。少し痛いけど気持ちいいので、癖になっている人も多いのでは?

実は、首を鳴らすのは、極めて危険な行為だったのです。とは言っても、良くネットで言われている「一回ポキッと鳴らすと、1トンの力がかかる」という情報はなので、先にお伝えしておきます。

最後には、根本的に首をポキポキするのを改善する方法もご紹介していますので、是非最後までお楽しみください。

 

【スポンサーリンク】

 

首をポキポキ鳴らす癖がついたキッカケとは?

-shared-img-thumb-OZP86_kubigaitaidesu_TP_V

この記事を読んでいるという事は、首をポキポキ鳴らすのが習慣化している方が多いと思います。ただ、いつから首をポキポキ鳴らすようになったのかは、あまり覚えていないと思います。

幼稚園や小学生が、首をポキポキ鳴らしながら「あー、気持ちいい…」と言っている人を見たことはあるでしょうか?恐らくないと思います。という事は、中学生や高校生の時に、何かがキッカケで、首を鳴らすようになったと考えられます。

まずはそこから考えていき、首を鳴らし始めたキッカケをおぼろげながらでも思い返すことで「あ、別に首を鳴らす必要はないんだ」と、再確認することが出来ます。

つまり、首を鳴らす意味は無い事をインプットすることで、根本的に首を鳴らす癖を直していこうという訳です。

 

首がポキポキなるのはなぜ?

-shared-img-thumb-OZPA87_katakorigayabai20130707_TP_V

次に、首がポキポキなる原因についてお伝えしていきます。よく「骨と骨が擦れ合って、ポキポキ鳴るんでしょ」と、解釈している方もいらっしゃいますが、それは間違いです。

正確には『首の骨と骨の間にある気泡が鳴っている音』なのです。首の骨と骨の間には、骨同士の滑りをよくするための油があります。

その油の中に溶けている気泡が飛び出す時に鳴る音が、首のポキポキ音なのです。少しイメージし辛いでしょうか。例えば、新品のコーラを開ける前は、茶色の液体ですよね。

しかし、ふたを開けると、泡が出てくると思います。ふたを開けることで、ペットボトル内の圧力が弱くなり、それと同時にコーラに溶け切っていた気体が溶け切れなくなることで、泡が出てくるのです。

つまり、首がポキポキ鳴るのは、圧力が弱くなった事で、溶け切れなくなった水泡が炭酸のように飛び出す時に出てくる音なのです。

これでも分かり辛い方は、プチプチを絞った時に潰れて音が鳴るのと同じ原理だと思って頂ければ大丈夫です。

 

首をポキポキ鳴らすと1トンの衝撃が…これって本当?

pose_kubifuri_woman

首をポキポキ鳴らすことで、首に1トンの衝撃がかかると、ネット上で良く言われていますが、冒頭でもお伝えした通り、これは嘘です。

冷静に考えて、首を鳴らすたびに1トンもの力がかかっていたら、一瞬で首が崩壊するでしょう。

この嘘が広まったのは、とある整骨院の先生がそのように話したのがキッカケだと言われています。ただ、嘘と言っても、首を鳴らすことは危険であるという事に、変わりありません。

もしかしたら、この整骨院の先生は「首を鳴らすのはそれぐらい危険だよ」というのを伝えるために、あえて1トンという表現を伝え、広めたのかもしれません。(それは分かりませんが…)

というのも、首を鳴らす人は、首を鳴らさない人に比べて、脳卒中になる可能性が5倍以上だと言われています。首は脳に近いのでそれだけ繊細でデリケートな部位だという事です。

sick_noukousoku

ちなみに、首を1度ポキポキ鳴らす時にかかる力は、1トンではなく、0.1㎏、つまり100gなのです。

脳卒中のリスクの話を、100gの話の前に持ってきたのは「100gだったら大丈夫じゃん!」と思って、その先を読まずにページを閉じてしまうリスクがあると思ったからです。

100gとはいえ、チリも積もれば山となります。1秒に1滴の水を垂らし続けると、100年後にはバケツが溢れるほどの量になっているように、ポキポキも何度も繰り返すことで、ジワジワと首や周りの血管を痛めつけてしまいます。

 

【スポンサーリンク】

 

首のポキポキをやめたい!でもどうすれば良いの?

stop-910106_640

首をポキポキ鳴らす行為に、良い事は無いとハッキリ分かったと思います。それどころか、脳卒中のリスクが5倍になるのですから、これは早々にやめた方が良さそうですね。

ですが、それが分かっていても、ついつい首を鳴らしてしまうのをやめられない方が多いのではないでしょうか。

ただ、この記事を読んで、あなたが過去に首をポキポキ鳴らし始めた原因をおぼろげながら思い出してもらい「首を鳴らすことに意味は無いんだ」と、認識してもらいました。

そして、この記事を読んで、首をポキポキ鳴らすことのリスクを知る事が出来ました。実はこれだけで、あなたにとって首のポキポキをやめられるだけの動機は出来上がっているのです。

なので、後は首を鳴らさない状態を、2週間キープすれば、首自体ポキポキ鳴りにくくなってきます。そこまでいけば、いつの間にか首をポキポキ鳴らさなくなっているでしょう。

 

それでもポキポキがやめられない!

atama_kakaeru_man

その気持ち、非常に良く分かります。どうしてもポキポキがやめられない方は、下記の内容を今日から意識してみて下さい。

・悩む時間を決める(楽観的な性格の人は、首や肩が凝りにくい傾向があるため)
・適度な運動を行なう(1日30分以上歩くだけで、血行が良くなり、コリが解消する)
・正しい姿勢で過ごす(体にかかる負荷が少なくなります)
・軽く体を鍛える(筋肉が体を支えてくれるため)
・睡眠の質を上げる(寝具にこだわる事が重要です)

精神的なストレスと体のコリは、密接に関係しています。なので、悩む時間を決めて、時間が来たら悩むのをやめて行動する…というのは、良いアプローチだと思います。

 

寝具にこだわり、首のポキポキを根本的に改善

bedroom-670249_640

最後に取り上げた『睡眠の質を上げる』という項目。実はこれがかなり重要な要素の1つです。というのも、人間は24時間の内の約3分の1を、寝る時間に使っています。

人生の3分の1の時間の質が悪ければ、体に不調が起こってしまうのも当然ですよね。このことからも睡眠の質を上げる重要性が分かると思います。

睡眠の質を上げるのに一番手っ取り早く、効果的なのが『寝具を変える』事です。あなたの今の寝具はどうでしょうか?

・朝起きた時に体が痛い
・何だかいつもスッキリしない
・肩や首が凝りやすい
・関節をポキポキ鳴らしてしまう

という方は、体は既に悲鳴をあげている可能性が高いです。このまま質の低い睡眠を続けていけば、体の状態はどんどん悪化していき、改善しようとした時にはすでに遅かった…という可能性もあります。

そうならない為に、今の内から寝具にこだわる必要があるのです。私自身、寝具を変えるようにしてから、首や肩の凝りが驚くほど改善され、癖になっていた首のポキポキも、いつの間にか改善されていました。

では、ずっと癖になっていた首のポキポキを改善することに成功した寝具とは、どのような寝具なのでしょうか?それが下記の寝具です。

雲のやすらぎ

良く通販で宣伝している寝具や、友人に進められた寝具などを試しましたが、その中でも一番効果があったのは、上記の寝具でした。

まるで雲の上で寝ているような感覚と謳っていますが、いざ寝てみるとその表現もあながち大げさではない事が分かることでしょう。

C00280-002E

私は今まで感じていなかったのですが、どうやら知らない間に腰にも大きな負担がかかっていたようです。

首や肩はもちろんですが、腰が驚くほど軽くなったのにはビックリでした。こればかりは実際に寝具に寝て、実感して頂かないと分からないのですが、首のポキポキに悩んでいる方なら、是非手にして頂きたい寝具です。

この寝具で質の高い睡眠を取りつつ、上記で挙げたような『悩む時間を決める』『適度な運動を行なう』などを併用していけば、首をポキポキする癖はもちろん、全身の疲れが取れ、毎日の生活のクオリティーが上がる事は必須でしょう。

辛い首や肩の凝り、腰の痛みも劇的改善!浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

精神的、肉体的なアプローチも大切ですが、睡眠からのアプローチもかなり重要なので、あなた自身の体で、その寝心地を実感してみて下さい。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031