力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

手足口病|大人が発症した場合 出勤はいつから可能?

sick_netsu

梅雨時、夏場に子どもたちの間で流行する夏風邪の一つ、手足口病。手足口病と言えば子どもしかかからない病気、と決めつけていませんか?実は大人もかかることがあるのです!

しかも大人の方が子どもよりも症状が重くなる傾向にあると言われています。とはいえ重症化することは稀ですが、感染力の高い病気ですから社会人のマナーとして周囲への感染拡大は防ぎたいですよね。

今回は、万一発症してしまった場合出勤に支障はないのか?発症後いつからなら出勤できるの?という視点からご紹介します。※子供が発症した場合は『関連記事手足口病|子供の症状まとめ 感染原因や治療法を徹底網羅』をご参考ください。

 

【スポンサーリンク】

 

家庭に潜む手足口病のリスク

virus_seki

手足口病は患者の約9割が乳幼児というデータにある通り、確かに子どもがかかりやすい病気と言えます。

・空気中に拡散したウイルスを吸い込んで感染する”飛沫感染”
・ウイルスの付着した物体や手などを介して感染する”接触感染”
・発症した子どものおむつ替えなどの際に手に付着したウイルスが口を通って感染する”糞口感染”

の3つの経路があり、手足口病を発症してしまった小さなお子さんがいる家庭では、大人も感染のリスクにあるということがお分かりになると思います。

 

大人の手足口病~症状と対処法~

-shared-img-thumb-OZPA_948820141025151610_TP_V

子どもが発症した場合、主な症状として手足・口内に発生する水泡のほか、稀に38度以下の発熱を伴います。しかし手足の発疹にはかゆみが少なく、全体としても2~3日から1週間ほどで症状は収まる傾向にあります。

それに比べ、大人が発症した場合は約3割の患者が40度近い高熱を出し、また手足の発疹も発疹の程度やかゆみが強く、ひどい場合は1~2ヵ月後に爪が剥がれ落ちてしまう場合もあるのです。

しかし手足口病には即効性のあるワクチンは存在しないため、子どもの発症時と同じく、それぞれの症状に対し対症療法をとるしかありません。※かゆみが強い場合は『関連記事手足口病の症状|強いかゆみを感じた時の正しい対処法』をご参照ください。

口内や手足に発疹が発生した時はまず大人は手足口病にかからないという思い込みを捨てて、医療機関を受診するようにしてください。

 

【スポンサーリンク】

 

大人の手足口病~出勤を控えるべき期間~

唾やくしゃみに潜むウイルスは発症から約1週間ほどで消滅すると言われています。

発疹や口内の痛み、発熱などの症状が出てから1週間は最も感染力の高い期間ですので、可能であれば出勤を控えるのも、無理をして出勤して周囲にウイルスをまき散らしてまうよりは結果的に良いかもしれません。

sick_kansensyou

特に手先が露出したまま仕事をしなくてはならないような職業の場合、発疹がつぶれて体液がにじみでる様な期間は人との接触を控えた方がよいでしょう。

ウイルスの拡散を防ぐため、職場ではマスクの着用も心掛けましょう。大人は重症化しやすい傾向にある、と前述しましたがもちろん軽度の症状で回復する方もいます。

受診した医療機関で経過を観察してもらい、いつから出勤していいか判断を仰ぐのも良いでしょう。※子供が発症した際の、保育園への登園のタイミングに関しては『関連記事子供が手足口病に感染!症状が治まれば保育園に行っても良いの?』をご参照ください。

 

~まとめ~

急に1週間も仕事を休めない!という方もいらっしゃいますよね。しかし周囲の方も仕事やプライベートで忙しかったり予定がつまっていたりするかもしれません。

ワクチンや予防接種がない病気ですので他人にうつしてしまうことはある程度仕方のないことと言えますが、周囲への気配りとしてできるだけウイルス拡散を防ぐべく努力して頂けると良いですね。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031