力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

大人の手足口病|初期症状や原因・治療方法のまとめ

monshin_doctor_serious

夏場に子供たちの間で流行する夏風邪の代表、手足口病。子どもたちだけがかかる病気だと思っていませんか?

近年では大人の患者数が増加しており、さらに子どもに比べて大人がかかると重症化する傾向にあるんです!※子供が発症した場合は『関連記事手足口病|子供の症状まとめ 感染原因や治療法を徹底網羅』をご参照ください。

大人は自分はかからないと思い込んでいる場合が多いので重要なサインを見逃してしまうことも。

今回は大人の手足口病の初期症状、原因、治療方法をまとめてご紹介します。重症化してしまう前に体が出しているサインを見分けて、適切な治療をしましょう!

 

【スポンサーリンク】

 

手足口病の原因

手足口病の原因は主にコクサッキーウィルスA群10型・16型とエンテロウィルス71型が原因のウイルス性感染症です。手足口病という名の通り、手の平、足の裏、口内に水疱が発生します。

※コクサッキーウイルスについては『関連記事コクサッキーウイルスの感染経路や症状~心筋炎の原因に~』をご確認ください。

 

子どもと大人、症状の違い

患者の約9割が5歳以下の乳幼児というデータもあり、一般的に手足口病は子どもの病気だと考えられています。しかし場合によっては大人も感染してしまうことがあるのです。

そして大人の症状は子どもよりも重症化する傾向にあると言われています。※感染してしまった際の会社への出勤の目安は『関連記事:手足口病|大人が発症した場合 出勤はいつから可能?』をご覧ください。

 

大人の手足口病

medical_tenteki

それでは大人が手足口病に感染した場合、どのような症状がでるのでしょうか?

主な症状である水泡や発疹は、手のひらや指、足の裏や指、足の付け根、膝裏、お尻、口周り、口内、喉の奥、下の付け根などに発生します。

水泡はやや楕円形で大きさは2~3ミリ程度。口内にできた発疹はいわゆる口内炎と同じようなもので、多数発生すると唾をのみ込むことさえ痛みを伴います。

足の裏に発疹ができてしまった場合は通常の歩行でさえ苦痛になることもあります。

さらに口内の痛みにより食欲低下、水分を十分に摂れないことから脱水症状などの症状を引き起こします。

shikke_atsui

自力で水分を補給できる間は良いですが、あまりに酷くなる前に病院で点滴を受けましょう。

大人の手足口病の場合、子どもの患者に比べて高熱を発する割合も高くなります。発熱により体全体のだるさ、集中力低下、悪寒や頭痛を伴う場合もあります。

一番怖いのは、発熱や嘔吐、頭痛などの症状にまで至っている場合、稀に髄膜炎脳炎を引き起こす恐れがあること。

違和感を感じたらまずは医療機関を受診することをおススメします。

 

【スポンサーリンク】

 

大人の手足口病 初期症状

byouki_oldman

大人の患者の多くは「自分は大人だから手足口病にはかからない」と思って初期症状のサインを見逃してしまっているのではないでしょうか?重症化する前に適切な処置を受けることが肝心です。

初期症状については大人も子どもも変わらず、まず口内に水泡がでます。口内炎によく似ていますが、手足にも発疹が出てくるようであれば要注意です。

子どもの手足の発疹は痛みが少ないと言われていますが、大人は非常に強い痛みを伴うことが多い傾向にあります。

発熱に関してはすべての人に当てはまるわけではなく、3人に1人くらいの割合と言われています。

すべての症状は約10日ほどで治まりますが、高齢者や免疫力が低下している方は稀に髄膜炎や脳炎にまで至る場合がありますので、水泡の発生を認めたら医療機関を受診しましょう。

 

大人の手足口病 治療方法

medicine_capsule

手足口病はウイルス性の病気ではありますが、残念なことに手足口病にはワクチンが存在しません。そのため、即効性のある治療も望めません。各症状を緩和する処置をとり、自然治癒を待つことになります。

口内の水泡により食事がとりにくい場合、一番気を付けたいことは脱水症状です。普段よりもこまめに水分をとり、ジュースやコーヒーなど甘味や刺激の強い飲み物は控えましょう。

食事も口内にしみることが多いので、塩分を控え水分を一緒に補給できるうどんおかゆをおススメします。手足の発疹に強い痛みがある場合は抗ヒスタミン薬などが処方されます。

ステロイド剤を使用すると免疫機能が低下しウイルスが増殖して症状が悪化することがありますので、ご自宅に備えている薬剤で対処しようとする場合は成分にお気を付けください。

 

~まとめ~

手足口病のウイルスは非常に感染力の高いものですが、日ごろから手洗い・うがいを心掛けていればある程度は感染を防げると言われています。

子どもに比べ仕事などで長期間休むことが難しい大人の場合、まずはできるだけ感染を防ぎたいですよね。

もちろん自分が感染源となって周囲に移してしまうと後味の悪いことになってしまうかも…

初期症状を見分けて自分にも周囲の方にも感染を拡大しないよう心がけましょう。

関連記事手足口病の潜伏期間中に接触してもうつるのかを解説

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031