力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

夏に手足のしびれが…それ、熱中症かもしれません

sick_te_shibire

これからの夏に向けて、気温もどんどん上がっていきますね!野外での楽しいイベントなどが目白押しで、毎年この時期を楽しみにしている方も多いと思います。

しかし毎年…と言えば、この夏の時期に毎回取りざたされるのが「熱中症で○人が倒れた!」という残念なニュースです。

その症状の一つとして、あまり知られていないのが手足がしびれる…といった現象。もし自分がそんな症状を発症した場合、どの様に対応したら良いのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

夏場におこる手足のしびれは熱中症の恐れあり!?

sick_takansyou

照りつける日差しの中、海水浴やBBQなど…夏と言えば野外でのイベントを目いっぱい楽しめる季節ですよね。

その一方で毎年熱中症への対策が叫ばれる中、やはりどうしてもその被害にあってしまい、重症化してしまう人達の話も多く耳にする季節でもあります。

熱中症と言えば、高温多湿の中にいることで体内の水分不足から起こる、頭痛やめまいなどが一般的に知られている症状かと思います。

逆にあまり知られていない症状の中に、「手足のしびれ」があります。もし、暑い日に手足のしびれを感じたら、熱中症による熱性けいれんを起こしている可能性があるのです。

sick_furue

先ほども書きましたが、熱中症は体内の水分が不足し、脱水症状を起こすことで体の電解質が不足してしまい、様々な症状を引き起こします。

その中でも、特にナトリウムイオンが不足すると、筋肉の運動機能に異常が出るため、それがけいれんとなって現れるのです。

この熱性けいれんは、最初は軽くしびれる程度であっても、悪化すると内臓まで硬直してしまい、唇の震えや、呼吸が苦しくなっていきます。

そのまま放置するれば、突然激しい発作を起こす場合もあり、最悪の場合意識障害などに陥ってしまう可能性のある危険な症状です。

 

【スポンサーリンク】

 

熱中症で熱性けいれんに陥った時の対処法

高温多湿の環境化で、しびれを感じ、のどの渇きや体のダルさなどの自覚症状がある場合は、病院に行き診察を受けることをお勧めします。

その場から動くことが難しい場合、応急処置として、日陰などの気温の低い場所に移動し、水分補給やアイシングなどで、体温を下げるよう努めましょう。

そのような事態を招かないためにも、日ごろから熱中症対策に気を配らなければなりません。熱中症対策として、思い浮かぶのが水分補給ですよね。

drink_water_boy (1)

しかし、ただ真水を飲むだけでは、その水分がうまく体に吸収されないという問題があります。

そこで経口補水液と呼ばれる、ナトリウムイオンや塩分などが含まれる飲料を摂ることが推奨されています。

今回説明した熱中症による熱性けいれんも、体内のナトリウムイン不足が原因で、運動機能に異常が出て引き起こされる症状ですよね。

そのことからも、夏場の特に高温多湿の環境化では経口補水液による水分補給は、熱中症対策に有効とされているのです。

これからの楽しい時期、思いっきり楽しむためにも、小さい事かもしれませんが、危機管理に努め、心置きなく夏を満喫しましょう。

 

~まとめ~

夏場における手足のしびれは、熱中症が原因の熱性けいれんを引き起こしている可能性があります。

軽いしびれだからと自己判断せず、体調不良など他にも熱中症の症状を自覚している場合は、病院に行くなど、早急な対応が必要となってきます。

このような事態を防ぐためにも、日ごろから経口補水液による水分補給に気を配るなど、熱中症対策を心がけましょう。

※手足のしびれ以外の症状がある場合は、関連記事をチェック。

関連記事
熱中症|吐き気や頭痛が翌日も続く時に考えられる原因とは
熱中症で吐き気や下痢の症状が…薬を飲んでも大丈夫?

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031