力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ビタバァレー|栄養満点でダイエット効果あり 美味しい炊き方も伝授

oats-576529_640

ビタバァレーをご存じでしょうか?胚芽押麦という押麦の一種で、通常の押麦よりも食べやすいのに、栄養はビタバァレーの方が上という、まさに良いとこ取りの素晴らしいお米です。

そんなビタバァレーの特徴や、炊き方はどうすれば良いのか?なども、お伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

栄養満点の胚芽押麦ビタバァレーの特徴

胚芽押麦ビタバァレーは、白米と比べて栄養価が圧倒的に高く、しかも白米よりも安いのが特徴です。しかも、ダイエット効果にもなるので、私の周りでは密かにブームになっています。

ただ、そもそも胚芽押麦とはどのようなものなのでしょうか?

押麦の胚芽を残したものなので、押麦とはまた少し違うのですが、押麦と栄養のメリットは全て同じなので、まずは押麦と白米の栄養価を比較してみましょう。

・食物繊維が白米の約20倍 ・カルシウム・ビタミン・カリウムが豊富
・カロリーや糖質が白米よりも少なめ
・水溶性食物繊維の効果で血糖値の上昇が緩やかになる
・さらに、コレステロールの上昇も抑える
・不溶性食物繊維で便秘・がん・痔を防ぐ
・腸に優しいのに、白米より腹持ちが良い
・その為、ダイエット効果もあり
・白米よりも少し安い

 

ざっと白米と比較してみると、これだけのメリットがあるのですね。胚芽押麦がいかに優れている食物なのかが分かったところで、そもそも胚芽押麦ビタバァレーとは何なのか?をお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

胚芽押麦ビタバァレーってそもそも何?

胚芽押麦ビタバァレーは、胚芽押麦であることに変わりありませんが、胚芽押麦を割っているので、押麦より粒が小さめになっています。

なので、この後炊き方に関しても後述しますが、白米と一緒に炊くと、通常の押麦よりも食べやすいです。

さらに、ビタバァレーという名の通り、通常の胚芽押麦よりも、ビタミンBが豊富に含まれています。胚芽押麦を加工する際に、ビタミンBを強化したようです。

胚芽押麦よりもビタミンBが豊富と、栄養価も高く、さらに食べやすいという、まさに胚芽押麦の良いとこ取りをしたものが『胚芽押麦ビタバァレー』なのです。

 

胚芽押麦ビタバァレーの美味しい炊き方

cooking_suihanki

胚芽押麦ビタバァレーのメリットを最大限に受け取るために、美味しく、一番栄養を温存した炊き方を知っておきたいですよね。

という事で、美味しい炊き方をザっとまとめると…

・既に洗った白米に混ぜる
・胚芽押麦ビタバァレーは洗わないで炊く
・白米とビタバァレーの割合は『白米3:ビタバァレー2』がベスト

白米が無洗米でない場合、白米と一緒に洗わないようにしましょう。洗う事で、せっかく豊富に詰まった栄養価が流れてしまう為です。

そして、白米とビタバァレーの割合ですが、最初は3:2でも、臭いが少し気になる方もおられるかもしれませんので、始めのうちは、同じぐらいの割合で炊いてみる事をオススメします。

ちなみに炊く際の水の量ですが、一般的には白米よりも若干多めが推奨されていますが、私は元々少し硬めのご飯が好きなので、白米と同じ水の量で炊いています。

そして、ビタバァレーは粒が小さい分軽いので、炊く前に少し混ぜておき、炊けた後も良く混ぜてお召し上がり頂くと、よりおいしく頂けるでしょう。

 

~まとめ~

胚芽押麦ビタバァレーは、押麦の約20倍のビタミンB1、約13倍のビタミンB2が含まれており、普段の食生活では補いにくいビタミンを豊富に取れるのは、かなりありがたいですね。

炊き方も、白米に混ぜるだけと、かなり簡単なので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

腹持ちも良く、ダイエット効果もあるのでオススメです。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031