力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

脱水症状で頭痛や吐き気を感じた時の対処法

necchusyou_ojiisan

脱水症状が起きると、体には様々な不調が起こります。頭痛や吐き気もその症状の一つ。

「脱水症状=水分が足りていない状況」と思いこんで水をたくさん飲んでしまうと、逆に症状を悪化させてしまうこともあるんです。

脱水症状の正しい知識と頭痛・吐き気などの症状に対する正しい対処法を知って予防に努めましょう!

 

【スポンサーリンク】

 

脱水症状とは

medicine_cup_water

私たちの身体の約60%は水分だと言われています。

身体を流れている体液には水と電解質(ナトリウム)があり、食事で摂った栄養や大切な酸素を身体中に届け、二酸化炭素や不要な老廃物を体外に排泄する働きをもっています。

電解質(ナトリウム)は、体液が体から不要に排出されないようにする働きを持っているのです。

腎臓が尿の量を調節することで身体の水分は一定に保たれています。

腎臓の機能を超えて水分が排出されすぎたり摂取量が少なすぎたりすると脱水症状が起こってしまうのです。

 

脱水症状の原因

shikke_atsui

脱水症状の原因はいくつかあります。まずは良く知られている「発汗」

温度の高い時期に野外で運動をしすぎたりして大量の汗をかき、またその汗が乾きにくいような状況で体温調節がうまくできないことが原因で脱水症状を起こします。

次に「下痢・おう吐」といった原因が挙げられます。風邪やインフルエンザにかかったとき、「脱水症状には気を付けてください」とお医者さんに言われたことはありませんか?

発熱のため発汗しているのと同時に、下痢や嘔吐で体内の水分がどんどん失われてしまうことが原因です。

「お腹が緩くなっていてこれ以上水分を摂りたくない…」と水分補給を怠ると脱水症状を引き起こしてしまいます。

そのほか、腎臓がうまく機能しない腎不全などの疾患が挙げられます。

体内の水分量をコントロールする大事な役目を持つ腎臓がうまく機能しないと、尿の排泄や濃度が乱れ、水分を排出しすぎたり逆に貯めすぎたりしてしまいます。

 

【スポンサーリンク】

 

脱水症状による頭痛や吐き気などの症状

sick_takansyou

脱水症状が起きるとどのような症状が起きるのかを知って、正しい対処法を知りましょう!

・軽度(体重減少1~2%):ほとんどそれらしい症状はありません。トイレの回数が少ないかな・・・と思ったら水分を補給しましょう。
・中度(体重減少3~9%):頭痛やめまい、吐き気、だるさなど様々な不調が起こります。
・高度(体重減少10%以上):非常に危険な状態です。すぐに医療機関で適切な処置を受ける必要があります。

頭痛が起こるメカニズムとしては、『体内の水分が減少⇒血の量が減り血圧が上がる』という身体の働きが背景にあります。

脳の血流が下がると脳の機能も低下してしまいますので、これを防ぐため、脳は血液確保のため、血管を拡張して血流の循環を保とうとします。

拡張された血管が回りの神経を刺激し、頭痛を引き起こします。

 

~まとめ~

頭痛や吐き気といった症状は、脱水症状がある程度進んでしまっている状態です。

このような場合、速やかに経口補水液を補給しましょう。水だけを飲むとかえって症状を悪化させてしまう場合があります。

水分と塩分を一度にとれる経口補水液、もしくはスポーツドリンクなどを摂取しましょう。

炎天下にいて脱水症状を起こした場合は、日陰や涼しいところに移動し、体内の水分が失われていくことを防ぐことが重要です。

頭痛や吐き気は体が出している緊急信号です。無理せず体調回復に努めましょう。

関連記事
高齢者は注意!血圧が低いのは脱水症状のせいかも…
脱水症状|子供が下痢やめまい・しびれを訴えたら要注意
高齢者が脱水症状で認知症に!?予防法と正しい対処法

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30