力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

熱中症予防|小学校の子供の運動会に用意したい対策グッズを厳選

undoukai_title

毎年、夏から秋にかけて行われる小学校での運動会。私達親が、我が子の成長を直に感じることのできる、最高の機会ですよね。

そんな運動会の最中、以外と多いのが、熱中症によって気分が悪くなってしまう子どもたちです。せっかくの晴れ舞台で、子どもたちに熱中症になんてなってほしくありませんよね。

そこで、運動会の場で活躍する熱中症予防のグッズをまとめました。

 

【スポンサーリンク】

 

子どもの熱中症を予防するには?

necchusyou_shitsunai

子どもが小学校に上がると、学校での様子をうかがう機会が減ってしまうものですよね。

そんな数少ない機会の一つである運動会で、子どもたちの熱中症が問題となっているようです。

もともと「小学生(特に低学年)の子どもたちは大人に比べて、熱中症になりやすい。」と言われています。

それは大人に比べ、体温調節機能が未発達なためで、まだ日差しのきつい野外で長時間にわたって行われる運動会は、更にその確率を上げてしまうのです。

しかし、きちんとした対策を行っていれば、熱中症を予防することは、そんなに難しいことではないのです。

運動会など、野外で活動する際

・のどが渇いたと思ったら、必ず水分補給
・のどが渇いていなくても、こまめに水分補給
・体を締め付けない涼しい服装で、日よけ対策も
・無理をせず、適度に休憩をとること

などに気を付けることで、熱中症への予防対策となります

水分をこまめに取らず、万が一脱水症状に陥ってしまった時は『関連記事脱水症状で頭痛や吐き気を感じた時の対処法』をご参考ください。

 

【スポンサーリンク】

 

小学校の運動会で役立つ予防グッズ

また、小学校の運動会に行く際、持っていくと便利な熱中症対策グッズを4つご紹介します。

・クーラーボックス

horeizai
持っていくお弁当や飲み物を入れておけるのはもちろん、保冷剤などを入れておけば、子どもの体温が高いと感じた際、すぐに冷やしてあげることができます。

・ネッククーラー

walking_man
太い動脈が通っている首筋は、冷やすことで体全体の体温を下げることができます。ぬれタオルなどでも代用可能ですが、保冷剤などをつめれるタイプの物の方が、より効果を期待できますよね。

・塩飴

candy
熱中症の原因である、脱水症状は水分の他にも汗に含まれている塩分も体から失われることで、発症します。水だけを飲むよりも、塩分を一緒に摂ることで効率的に水分やミネラルを体内に吸収させることができます。

 

子供も美味しく頂けるミカン味の塩飴です。
・簡易テント

camp_tent
直射日光を長時間浴び続けることを避ける意味でも、あった方が安心です。しかし、限られた場所でのテント設置は、他の保護者や学校側との相談が必要となるので、事前にチェックしておきましょう。

 

~まとめ~

子どもたちが、日々練習を重ね、その集大成である運動会で、熱中症になったのではかわいそうすぎますよね。

子どもは大人に比べ、体がまだ未発達な分、熱中症にかかりやすいのだという認識をしっかりと持ちましょう。

水分補給や適度な休息など、親がこまめに気にかけてあげれば、熱中症を未然に防ぐことは十分可能なのです。

そのために便利な対策グッズなどをフル活用して、親子そろって運動会を目いっぱい楽しみましょう!

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031