力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

熊本の地震|余震が多いけど いつまで続く?対策方法を解説

jishin_house

熊本で震度7の地震が発生してから約2日。相変わらず余震が多い状態で「いつまで続くの?」と不安な方も多いでしょう。また、余震が発生した際の対策方法も、ここで押さえておきたいですよね。

ということで、今回の熊本の地震による余震はいつまで続くのか?についてや、余震発生時や、余震に備えての対策方法についてまとめました。

※地震発生時、避難する時の為に備えておきたい持ち物は『関連記事益城町の読み方とは?地震の避難準備時の持ち物リストまとめ』から確認出来ます。

※また、地震の備えとして絶対に準備しておきたい、オススメの防災セットを『関連記事防災セット必須!今後地震が起こる可能性と対処法を解説』をご確認ください。

 

【スポンサーリンク】

 

熊本で震度7後に続く余震…いつまで続くのか

jishin_building

阪神淡路大震災や、東日本大震災の時も、余震がかなり続き、実際に経験した私の親は「二度と経験したくない」と言っていました。

そんな余震ですが、まず、直接被害が出るような大きな地震が発生した場合、通常は1週間~10日ほどは、余震が発生するといわれています。

ただ、あまりにも大きな地震の場合、余震活動が活発な可能性も高いため、1か月は余震が続くと思っておいた方が良いでしょう。

東日本大震災も、大きな被害を受けましたよね。その時、余震が落ち着いたのは約1か月後の事でした。

今回の熊本の地震は、東日本大震災よりも大きな地震なので、同じく約1か月は余震が起こると、考えておいた方が良いかもしれません。

 

余震が本当の恐怖 これから気を付けるべきこと

jishin_yowai

最初に発生する本震も、もちろん恐怖で怖いですが、その後にいつ起こるか分からない余震は、さらに恐怖を感じますよね。

これからしばらく続くであろう余震で、主に気を付けてほしい事項は、

・家屋やブロック塀など、今後の余震で倒れてくる恐れのあるモノには近づかない
・自分の家は大丈夫でも、必ず指定避難場所に移動する
・様々な情報に惑わされない

などなど…

地震や度重なる余震で、家屋やブロック塀がもろくなっている可能性が高いので、いつ崩れるか分からない状況です。二次災害を防ぐためにも、危険な場所には近づかないようにしましょう。

そして、まだ自宅に影響がない状態で「自分の家は大丈夫」と、自宅にとどまるのは危険です。

基盤が緩くなり、危険な状態であることは間違いないので、近くの体育館など、速やかに指定避難場所へ移動しましょう。

hinanjo_seikatsu_family_sad

さらに地震後は、様々な情報が流れると思います。

中には不安を煽るようなデマな情報も沢山流れると思うので、ネットでの噂を全て信じるのではなく、ラジオや大手ニュースサイトなどで、正しい情報を得る事が大切です。

 

【スポンサーリンク】

 

余震でさらに気を付けるべき対策

hikikomori_woman

そして、これは補足ですが、被害は建物など、自然災害だけではありません。過去にもそうでしたが、地震が発生すると、犯罪の発生率が高くなります。

特に多いのが、女性が男性に襲われるケースです。例えば、こんな例があります。

地震により、やっても良い事と悪いことの区別が、つきにくくなっている方が多いのが現状です。

実は、私の親の知り合いも、阪神淡路大震災の時に、様子を見に外に出た時に、いきなり見知らぬ男性に腕を掴まれたこともあったそうです。

なので、女性一人で外の様子を見に行く事だけは避けて下さい。今はまだそのような被害情報はありませんが、報道されていないだけですでに起こっている可能性はあります。

 

~まとめ~

熊本で震度7の大きな地震が発生しました。恐らく余震も1か月ほど続くと思われます。

余震による二次災害を最小限に抑えるためにも、危険な場所には近づかないようにしましょう。

さらに、自然災害だけではなく、犯罪による被害も急増する傾向があるため、特に女性の方は出来るだけ1人で外に出るのは控えましょう。

関連記事日向灘まさかの誤報 今後地震が起こる可能性と対処法を解説

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30