力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

熊本の地震|ボランティア活動は可能か?実は健康へのメリットも

gomihiroi_boy

熊本で発生した地震。震度7とかなり大きな地震でしたね。この地震により「ボランティア活動を行ないたい!」という方が多く見受けられました。

実際に私の友人も、ボランティア活動をしたいと仰っていましたが、ちょっと待ってください。

タイミングを間違えると、ボランティアのつもりが、逆に迷惑になってしまう恐れもあります。

という事で、熊本の地震によるボランティア活動は可能か?についてや、ボランティア活動による心身の健康へのメリットについてもお伝えしていきます。

※余震の際の対策方法については『関連記事:熊本の地震|余震が多いけど いつまで続く?対策方法を解説』からご覧ください。

※そして先ほど、日向灘で誤報が発表されました。詳しくは『日向灘まさかの誤報 今後地震が起こる可能性と対処法を解説』をご確認ください。この際なので、おすすめの防災セットも日向灘の記事でお伝えしています。

 

 

【スポンサーリンク】

 

熊本地震の影響でボランティア活動の志願者多数

syougakkou_souji

熊本の地震の影響で「ボランティア活動に参加したい!」という声が多数挙がっています。

このように、ボランティアに参加したいという方は、沢山いらっしゃいます。

実際に東日本大震災の時も、沢山の人がボランティア活動に参加されていました。今回の熊本の地震もかなり大きな地震なので、被害もどんどん拡大していく事は間違いないでしょう。

余震の影響で、二次災害の危険もあります。そうなってくると、人手が少なくなってくるので、ボランティアの存在は重要になってくるのは間違いないです。

 

ボランティア活動をする方法

obaasan_woman_tasukeai

ボランティアをする為には、主に二つの方法があります。

1、ボランティアバスツアーを利用する

2、個人的に被災地に向かい、ボランティア活動を行う。

1は、予め宿泊や交通方法が決まっているので、そこに参加する形ですね。助け合いジャパンより、募集状況が確認出来ますが、現時点(4月16日9時32分)はまだ募集は行われておりません。

上記サイトにはクリック出来るようにしておきましたので、都度確認してみると良いと思います。

そして2の方法ですが、個人的に行かれる場合は、もう少し待った方が良いでしょう。

例えば、過去の災害を例にすると、宿泊先や交通状況を把握しないまま現地に向かうと、混乱を巻き起こす可能性が高いです。

car_jutai

また、支援物資を送る際にも、今の時点で必要なものとは、全く違うものが届いたり、そもそも配布手段が整っていなかった為に、無駄になってしまったケースもあるのです。

また、ピースボート災害ボランティアセンターの合田茂広理事も

「何かをやりたい気持ちは分かるが、現地の情勢を把握し、どんな支援が必要なのか見極めてほしい」
引用元:Yahoo!ニュース

と発表しているので、地震が起こったばかりの今は、自衛隊の方や消防の方の活躍を応援するのがベストだと思います。

まだまだ余震も続いており、しかも余震の揺れもかなり大きいので、今現地に行くと二次災害に巻き込まれ、余計に迷惑がかかってしまう恐れもあります。

なので、個人的には【助け合いジャパン】の募集状況を見て、募集が開始されたタイミングで、バスツアーから参加されるのが、お互いにとって一番最良の選択となるでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

ボランティアと健康のメリットの関係

pose_genki08_obaasan

ボランティアに対して、あまり良く思っていない方(批判の声)があるのも確かですが、ボランティアが悪いという事は全くありません。むしろ、ボランティアは積極的に行なっていくべきだと思います。

ただ、タイミングを間違えたり、ニーズに合わない活動を行うと「それは違う」と言われてしまいます。これは、あなたが被災者の立場であれば、気持ち位は分かりますよね。

なので、ボランティアを行なう際は、何が本当に必要なのかを見極める事が大切です。

そして、実はボランティア活動を行う事で、あなた自身の心身の健康に繋がっているという事実が分かっています。具体的には

■ボランティアは、身体的、精神的、感情的にも、ボランティアをしていない人より健康に感じている
■ボランティアを行うことが、ストレスを管理し、引き下げることに有用である
■ボランティアを行っている人は、コミュニティや他者との繋がりをより強く感じている
■ボランティアを行っている人は、ヘルスケアについてより多く知識を持っており、自分自身の健康管理にも注意を払っている
■ボランティアを行うことで、より適切に持病へ向き合うことができたり、抱えている問題(悩み)から気持ちをそらしたり、和らげたりすることができる
引用元URL:http://blog.canpan.info/hijichomoku/archive/674

このように、ボランティア活動を行う人は、心身共に健康な人が多い傾向にあるようです。

困っている人を助けるだけがボランティア活動ではなく、ボランティアを行なっている自分自身にも良い影響があった訳ですね。

まさにWIN-WINの関係と言えるでしょう。困っている人の為にも、そして自分の為にも、ボランティア活動は積極的に行なっていきたいですね。

 

~まとめ~

・ボランティア活動はタイミングを見極めて行う事が重要
・ボランティアに参加する方法はバスツアーと個人的に参加の二通り
・自分自身の心身の健康にも効果がある

まだまだ余震が続く状況で、現地は危険な状況なので、現地のボランティアの受け入れ態勢が整うまでは、自衛隊や消防の活躍を応援しましょう。

受け入れ態勢が整ったところで、積極的にボランティア活動を行うのがベストです。

関連記事益城町の読み方とは?地震の避難準備時の持ち物リストまとめ

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031