力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

日向灘まさかの誤報 今後地震が起こる可能性と対処法を解説

IMG_1874

宮崎県の日向灘で、震度7の緊急地震速報がありましたが、どうやら誤報だったようです。この時期の誤報は本当に心臓に悪いですね。ただ、今後地震が起こる可能性は十分に考えられますよね。

そこで、今後日向灘で地震が起こる可能性と、ケガを最小限に抑えるために、準備しておきたい防災グッズについて、お伝えしていこうと思います。※避難準備時に持っていきたい持ち物リストは『関連記事益城町の読み方とは?地震の避難準備時の持ち物リストまとめ』で解説しています。

 

【スポンサーリンク】

 

心臓に悪すぎる…日向灘の緊急地震速報は誤報だった

news_gohou

熊本県で震度7の地震が発生し、今も余震が続いたり、阿蘇山が小規模噴火したりと、大変な事態になっています。そんな時に、宮崎県の日向灘で、緊急地震速報(震度7)のお知らせが鳴り響いたとなれば、相当なストレスを感じますよね。

ちなみに、日向灘の緊急地震速報は誤報だったそうなので、ひとまず安心ですが、Twitter上では

と、精神的に参ってしまたという声が多く見受けられます。大きな地震が起こった後に、このような誤報を流されては、精神的に持たないですね。

ただ、今回は誤報だったとはいえ、今後日向灘で地震が起こる可能性は十分にあるでしょう。そして、日向灘で大きな地震が発生してしまった時、近いうちに、さらに大きな地震が発生する可能性があるというのです。

 

【スポンサーリンク】

 

日向灘に今後地震が起こる可能性 起こった場合どうなる?

jishin_house

先ほどもお伝えしましたが。今後日向灘で地震が発生する可能性は十分に考えられます。もし地震が発生した場合、かなり大きな被害になってしまう可能性は否めないでしょう。

ちなみに日向灘地震とは、南海トラフの西側の地域で発生する地震の事で、

nihonchizu_area

上記画像の赤線の部分が、南海トラフと呼ばれる部分です。南海トラフ地震が発生すると、東海から九州にかけて激しい揺れの地震が起こります。

南海トラフ地震は、昔から100~150年周期で、繰り返されてきているのですが、その周期が極端に短くなるパターンもあったそうです。短くなるキッカケとなっているのが、日向灘地震の発生なのです。

日向灘で、マグニチュード7以上の地震が発生した場合、南海トラフ地震が起こる周期が、約半分まで短縮されてしまいます。

ちなみに今回誤報として発表されたマグニチュードは6.9と、ほぼ7に近い数字です。なので、もし本当に地震が起こっていた場合は、数年後に南海トラフ地震が起こっていた可能性がある訳です。

jishin_building

そして、日向灘地震マグニチュード7.6以上が発生する周期は約200年と言われており、マグニチュード7~7.2前後が発生する周期は約20~27年と言われています。

なので、この地震が前兆となって、南海トラフ地震が発生することは十分に考えられるのです。

次に起こる南海トラフ地震は、なんとマグニチュード9相当と言われており、東海から九州で激しい揺れが起こる可能性があります。

そして太平洋沿岸には、約10メートルの津波が発生し、最悪の場合死者が33万人ほど出てしまうと予想されているのです。

 

大規模な地震が起こる前に用意しておきたい防災グッズ

南海トラフのような地震が起こってしまってからでは遅いので、そうなる前に各自、必ず防災グッズは備えておきたいところです。

地震による被害は最小限に抑え、地震後も冷静に対処する為にも、防災グッズは必須でしょう。

そこで、私が一番おススメする、防災グッズを網羅した、防災セットをご紹介いたします。

こちらの防災セットは、災害時に必要な必要最低限の防犯グッズを網羅しており、量よりも質に徹底的にこだわった防災セットです。

特にライトにはこだわりがあり、光るだけではなく、大音量のサイレンも付いており、さらに電池が無くても手動で充電できるので、電池が無くなって使えなくなる心配もありません。

また、意外と重視したいのが、リュックサック本体の質です。災害時はリュックを背負って動き回る必要がありますよね。

そんな時に質の悪いリュックでは、背負うのに疲れてしまい、無駄な体力を消費してしまう恐れがあります。体力は極力残しておきたいですよね。

なので、リュック自体が疲れにくい構造になっている、この防災セットは、個人的にかなりオススメです。実際に私もこの防災セットを供えています。

また、ご家族がいらっしゃる方は

こちらの方が断然お得になっています。

 

~まとめ~

日向灘の誤報には、かなり焦った方も多いようです。今回は誤報で良かったですが、近々日向灘地震が起こってもおかしくない状況です。

さらに大きな南海トラフ地震や、数十年以内に発生率がかなり高い、首都直下型地震など、今後地震のリスクは高まるばかりなので、今の内から防災セットを購入し、安全に備えるようにして下さい。

仮に建物内に閉じ込められてしまっても、大音量のサイレン付きライトがあれば、心強いですよね。

関連記事熊本の地震|ボランティア活動は可能か?実は健康へのメリットも

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031