力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

脱水症状|子供が下痢やめまい・しびれを訴えたら要注意

sick_te_shibire

夏になり気温が上がると、脱水症状のニュースをよく見かけるようになりますよね。脱水症状は炎天下の野外に長時間いた場合になるもの、とだけ思っている方は要注意です。

屋内にいても、あるいは酷い下痢や嘔吐などの症状から脱水症状につながるケースも多いことをご存知でしたか?

子どもは成人よりも体内の水分調節が難しく、ちょっとしたことで脱水症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

脱水症状を長期間放置すると、最悪死に至ってしまうことも!お子さんが下痢やめまい、しびれを訴えたら脱水症状を疑ってみましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

脱水症状のメカニズム

shikke_atsui

人間の体はほとんどが水分でできている、ということはご存知ですよね。成人で約60%、子どもは約80%が正常値と言われており、この数値を下回ると脱水症状が起こり得ます。

水分と一口に言っても、もちろん水道水のようなものではありません。脱水症状になったら水を飲めばいい、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

私たちの生命活動には「体液」が大きくかかわっており、その体液は水分と電解質(ナトリウム)で構成されています。

このどちらかが大きく減少した、あるいは両方とも減少してしまい身体に不調をきたすことを脱水症状と言うようです。

 

【スポンサーリンク】

 

子どもの脱水症状

sick_takansyou

上述したように、子どもは成人に比べ体内の水分量が多く、またそのコントロールも成人に比べ難しいと言われています。

子どもの脱水症状で特に気を付けたいのが、下痢やめまい、しびれといった症状です。

下痢は便と同時に体内の水分も失われている状態で、この状態が長引くことで脱水症状を引き起こすケースも多いとか。

脱水症状によって体内の水分が失われると、その分血液量も減少し、血圧が下がってしまいます。

『血圧の低下=臓器への血流が減る』ということは何となくイメージがつきますでしょうか?

脳への血流が減ると、脳は血液を確保するため血管を自ら拡張して血流の循環を保とうします。

拡張した血管が周りの神経を刺激し、頭痛が引き起こされるというわけです。『関連記事脱水症状で頭痛や吐き気を感じた時の対処法

zutsu_neko

しびれなどの症状は頭痛とは逆に、体液から電解質が減少していることによって起こります。

電解質は体液の濃度を調節する大切な働きをしており、これが減少するとその調節機能=浸透圧が維持できなくなってしまうんですね。

この状態になると、神経や筋肉に悪影響が出て足がつる・しびれ・脱力などの症状が起こります。

 

~まとめ~

一般的に、脱水症状による頭痛は脱水症状の諸症状の中でも重いものと判断できるそうです。

お子さんのトイレの回数が減っている、おむつ替えの時におしっこの色が薄い、といった違和感を感じたらすぐに水分補給をしてください。

その際はただのお水ではなくて、失われた水分と電解質を一緒に補給できるよう、経口補水液などをあげましょう。

また、水分は一気に飲んでも体内に吸収されにくいという厄介な性質がありますので、こまめに、たくさんあげるよう気を付けてあげてください。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031