力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

高齢者は注意!血圧が低いのは脱水症状のせいかも…

necchusyou_ojiisan

夏になるとニュースでよく見かける『脱水症状』という病気。実はこの病気、夏だけに起こるものでもなく、炎天下での運動などだけが原因ではないってご存知でしたか?

特に気を付けたいのが高齢の方。高齢者はさまざまな理由で水分の摂取量が落ちたり、水分調節に不可欠な臓器の機能が低下している場合があります。

今回は高齢者の方の脱水症状の原因、注意点などご紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

脱水症状のメカニズム

sick_takansyou

脱水症状とはその名のとおり、体内の水分が失われている状態のこと。とはいえ、単純に水を飲めばよいというものでもないのです。

私たち人間の身体は成人で約60%、子どもでは約80%を水分が占めていると言われています。

『水分』とはもちろんただの水が身体を満たしているわけではなく、水分と電解質で構成される『体液』のこと。

体液には様々な働きがあります。必要な栄養素や酵素を運んだり、不要な老廃物を体外に排出する、体温の調節などなど…

大量に汗をかいたり、嘔吐下痢などが原因で体内の水分が失われる量が摂取する量を上回ると、この体液自体も減少してしまいます。

体液が減少すると血流量も低下し、血圧が下がるなどの症状が起こります。

 

【スポンサーリンク】

 

高齢者の脱水症状

shikke_atsui

脱水症状は特に高齢の方によく見られます。というのも、のどの渇きを感じる脳の働きが、若いころに比べて正常に機能しないからです。

身体は水を欲していても水分を摂りたいという欲求を感じないため、高齢者は知らず知らずに脱水症状に陥ってしまうことがよくあるそうです。

ほかの病や加齢によって寝たきりになったり、行動が制限されてしまう方も多いですよね。

一般的に、成人の水分摂取量の目安は1日コップ8杯前後と言われています。

高齢者の方は自分ひとりではその目安を守れない・摂取しにくい状況にある場合が多いのかもしれませんね。

そのほか、前述したとおり、加齢によって身体のさまざまな機能が低下していることも原因になり得ます。

例えば体液の喪失を防ぐ需要な役割を果たしている「腎臓」

body_jinzou

腎臓は水分と電解質を再吸収する働きがあるので、腎臓の機能が低下すると体内から水分電解質が失われて脱水症状を引き起こしやすくなるのだとか。

また、水分摂取には飲み物だけでなく食べ物から摂取する量も大きく関係しています。

加齢によってものを飲み込む力(嚥下機能)が低下してしまうと、食事量が減少してしまうのです。

 

~まとめ~

高齢になり、日ごろから健康状態に気を配っている方も多いと思いますが、通常時より血圧が低下している時は脱水症状の可能性もぜひ念頭において欲しいと思います。

脱水症状は治療よりも予防が大事と言われていますので、暑い時期に限らず、普段から飲み物や食事で水分量を保つよう気を付けましょう!

※子供の脱水症状に関しては『関連記事脱水症状|子供が下痢やめまい・しびれを訴えたら要注意』からご覧ください。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031