力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

チャドクガの発生時期と刺されない為の正しい予防法

チャドクガ(茶毒蛾)という害虫、ご存知ですか?本州以南の日本各地に分布し、日本では比較的メジャーな毒蛾です。

成虫となった蛾の状態よりも、毛虫の姿の方が見覚えがあるかもしれません。

チャドクガの身体を覆う毒刺毛には毒素があり、万一皮膚に接触するとつよいかゆみを引き起こします。

チャドクガの被害を防ぐため、発生時期と刺されないための正しい予防法をご紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

チャドクガのふ化時期

leaf-311715_640

チャドクガは年に2回4~5月8~9月の間にふ化します。幼虫がふ化し成虫になる時期は7~8月9~11月あたり。

つまり4月から11月くらいの間は庭仕事などをする際、チャドクガの被害にあってしまう可能性があります。

チャドクガは山茶花や椿などの園芸植物を好み、これらの植物に卵を産み付けます。チャドクガの卵は越冬も可能なんだとか。

この卵の状態でチャドクガの被害拡散を防ぐことが肝心なのですね。

 

チャドクガの予防

job_gaichu_kujo

チャドクガによる被害を予防するには、卵の間に駆除をすることが一番の対策法になります。

ふ化して幼虫、成虫になると枝から枝へ、木から木へと活動範囲が広がり駆除が困難になるためです。

チャドクガの駆除には殺虫剤スプレーも有効ですが、もし発見したチャドクガの卵が一塊で枝についているようなら、枝ごと落としてしまうのが良いでしょう。

その時、ビニール袋などを広げチャドクガが付着した枝がその中に丸ごと落ちるように切り落としてください。もちろん手袋の着用も忘れずに!

チャドクガの卵にも毒刺毛は付着していますので、手や腕などに触れないよう注意してくださいね。首回りにもタオルを巻くなどして、できるだけ皮膚を隠して作業に臨んでください。

 

【スポンサーリンク】

 

また、広範囲での予防を図る場合は薬剤の散布が有効です。薬剤の散布は効率は良いですが、定期的に行う必要があります。

金額も時間もかかりますが、「すでに至る所に卵が・・・!」という時や、「ふ化した幼虫が木全体に広がってしまった」などの場合には非常に有効な手段だと思われます。

また、枝や葉が繁りすぎてしまうとチャドクガの温床となってしまいますので、中を透かすように選定し風通りをよくすることも予防効果があるみたいですよ。

 

~まとめ~

山茶花や椿は寺社境内や沿道などにもよく植えられていますよね。綺麗な花が咲いているとついつい近寄って触れたくなるものですが、そのきれいな花を好む毒蛾が潜んでいる可能性をお忘れなく!

成虫の蛾になった状態よりも毛虫の間の方が被害は大きいので、毛虫になる前の卵の状態でできるだけ駆除してしまいましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031