力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

デング熱の感染再び拡大か 初期症状と予防法をチェック

sick_netsu

昨年ハワイで流行したデング熱。2014年には代々木公園を感染源として日本でもその感染が確認され、連日のようにニュースとなりましたね。

インフルエンザのように人から人へうつる病気ではないのですが、媒介となる生物がとても身近なものなので、日本でも感染拡大を防ぐべく地域と政府が大規模な措置を講じました。

そのかいあって早々に収束を迎えましたが、今後も油断は禁物!デング熱の初期症状と予防法を抑えて、万一の事態に備えましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

デング熱とは?

bug_hitosujishima_ka

デング熱の正体はデングウイルスと呼ばれるウイルス。そしてそのウイルスの運び屋となっているのが夏に私たちを悩ませる、蚊なんです。

体内にデングウイルスを保有することによって感染し、発熱などの症状を発症します。

幸いなことにデング熱はインフルエンザなどの病気とはちがい、患者のつばやくしゃみなどで感染することはありません。

人から人への感染も、輸血や臓器移植などの特別な例をのぞいてはありえないでのでご安心を。

 

デング熱の初期症状

iryou_nyuin

デング熱の初期症状は、およそ2~14日(平均では3~7日)の潜伏期間の後、2-4割の人が38~40°の熱を発症します。

そのほか、激しい頭痛関節痛筋肉痛発疹などの症状も。肺炎など呼吸器系の症状を起こす感染症ではないため、通常死に至る危険は低いです。

一般的には、発熱は3~5日で治まり解熱とともに発疹が現れます。発疹は治りかけた時に現れますので、完治まであと一歩という目安にもなります。

 

【スポンサーリンク】

 

デング熱の治療と予防

mushiyoke

デングウイルスは血小板が低下し、出血を起こしやすくなるので通常使用される鎮痛・解熱剤の投与は控えられます。

デングウイルスにはワクチンがなく、またウイルスを標的とした治療法がありません。

蚊を媒介とした感染のため、蚊が発生している時期・多い地域で虫よけ剤を使用しましょう。

もちろんデング熱の流行している地域への旅行を控えることも重要です。

日本は島国のため、こういった感染ウイルスを国内へ持ち込まないことが一番の予防になります。

海外旅行を予定している場合、渡航先でデング熱が流行していないかぜひ調べてくださいね。

 

~まとめ~

いくら死に至る危険が少ないとはいっても、自ら病気になりたい!なんて人はいませんよね。

デング熱は感染源となる蚊がどこに生息しているかさえ判明しているのなら、予防ができる病気とも言えます。

ニュースでデング熱の感染が取り上げられたら要注意!日本は島国ですので、デング熱が流行している海外から国内へ持ち込まないよう、気を付けることも大事です。

万が一日本で感染が確認された時の為に『関連記事デング熱がハワイで大流行!日本に上陸した時の対処法』で知識を付けておきましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031