力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

地震後めまい症候群の症状が…原因や対処法を解説

jishin_house

大きな地震が起こった時、不安なのが余震ですよね。実は余震が何度も起こると『地震後めまい症候群』の症状が出る方が多いです。

そこで原因や対処法について、お伝えしていこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

地震後めまい症候群が辛い…具体的な症状

sick_memai

地震後めまい症候群は、通称(地震酔い)とも言われています。地震酔いに関しては『関連記事熊本地震の影響|地震酔いの直し方や解消法を解説』をご覧ください。

地震後めまい症候群は、その名の通り『地震後にめまいを感じる症状』です。

地震が発生していないのにも関わらず、体が揺れているような感覚や、ふらつきを感じてしまいます。

地震後めまい症候群は、強いストレスを感じることでも症状が出やすくなり、そのストレスの原因となるのが『避難所生活』『車中で過ごし続ける』事でのイライラや不安感が挙げられるでしょう。

 

地震後めまい症候群の原因

car_kurumayoi

地震酔いの記事でも解説したように、例えば長時間、車や船に乗った後に外に出ると、体が揺れているような感覚が残っていると思います。

何度も大きな地震が起こると、三半規管(平衡感覚を司る部分)がおかしくなるのです。

具体的には「今、回転していますよ!」と回転運動を感知している三半規管が、何度も余震が起こる事で、余震が治まっても「まだ回転している」と錯覚を起こしてしまいます。

でも、実際は揺れていないので、視覚情報と三半規管の感じている情報にズレが生じる事で、めまいやふらつきを感じてしまうのです。

 

【スポンサーリンク】

 

地震後めまい症候群の対処法

それでは、地震後めまい症候群になってしまった時の具体的な対処法をお伝えしていきます。

 

1、水を飲む

drink_water_boy

かなりメジャーな方法ですが、水を飲むことで喉の渇きを潤し、一呼吸おけるので、冷静さを取り戻せます。

ポイントは一気にガバっと飲まないことです。乗り物酔いでめまいを起こしている時に、一気飲みをして、余計に気分が悪くなってしまったのを、私自身が経験したためです。

喉を潤す程度で十分ですので、緊張や不安感のあまり、あまり多く水分を取り過ぎないようにしましょう。

 

2、緊張状態の体をほぐすストレッチ

radio_taisou

「またいつ余震が起こるか分からない…」という恐怖や不安で、体は自分の思っている以上にストレスを感じています。

試しに今、体全体の力をフッと抜いてみて下さい。驚くほど肩の下がる方や、上半身の力が抜けた人もおられると思います。

それだけストレスを感じると、体に力が入っているものなのです。なので、

・肩を思い切り上げてから、フッと下げるのを繰り返す
・手を思い切り上に伸ばしてストンと力を抜いて落とす
・座った状態で足を思い切り伸ばす

これを実践するだけでも、随分と体の力が抜け、不安感が改善されます。

 

3、イメージング腹式呼吸

fukushiki_kokyu2

これは私のオリジナルですが、効果は絶大です。

1、息を吸うのを健康的な緑色、吐き出すのを黒色に例えます。
2、草木のような鮮やかな緑色を想像し、その色を体内に取り入れるイメージで息を吸います。
3、息を3~5秒ほど止め、その時に健康的な緑色が体中を駆け巡っている様子をイメージします。
4、吐き出す時は、体の中にある毒素(黒色)をイメージしながら、黒色を吐き出すイメージで息を吐きます。
5、1~4を気分がスッキリするまで繰り返してください。

ポイントは、目をつむりながら実践することと、鮮明にイメージしながら行う事です。

「何だか嘘くさいな…」と感じるでしょうが、やってみると意外と効果がありますので、一度試してみて下さい。

 

4、水入りのペットボトルをそばに置いておく

bousai_water

そう、水の入ったペットボトルを目の前に置いておくだけで良いという、非常に簡単な方法です。

なぜこれで症状が改善するのかというと、「揺れがきた!」と感じた時にペットボトルを見て、水が揺れていなければ「地震は来ていない」と瞬時に判断出来ます。

これで一瞬で冷静になれるので、視覚情報と三半規管の情報の誤差を少なくし、症状を改善させる方法です。

これはペットボトルと水があればだれでもお手軽に出来る方法で、効果も絶大なので、是非試してみて下さい。

 

~まとめ~

地震後めまい症候群だと思ったら、まずは今回挙げた対処法を試してみましょう。それでも症状が改善せず、むしろ悪化していくようなら、医療機関へ受診する事をオススメします。

エコノミー症候群のように、地震後めまい症候群が原因で死亡するケースは出ていませんが、めまいやふらつきによる事故(二次被害)の可能性はあるので、あまりにひどい場合は病院で診断してもらいましょう。

関連記事エコノミー症候群の症状|ふくらはぎや太ももの痛み、しびれ症状に要注意

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30