力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

熱中症の症状か?子供が熱を出している時に取るべき行動

nettaiya

毎年夏になると、世間で話題となる熱中症対策。特に幼い子供たちは、大人に比べ熱中症にかかりやすく、自分の体調不良をうまく親に伝えることが難しいことから、その症状を悪化させてしまうケースが多くあると言います。

中には、熱中症によって熱を出してしまう子もいて、親は風邪と勘違いし、対応を間違ってしまうということも…。

場合によっては命の危険もある熱中症。そのような最悪の事態を防ぐためにも、熱中症による発熱の特徴や、その対応についてまとめました。

 

【スポンサーリンク】

 

熱中症に子供がかかったら…

necchusyou_shitsunai

熱中症にかかった時、大人であればその症状が軽い段階で、体調不良を周りに訴えることができますよね。

しかし3歳未満の幼い子供たちは、周りの大人達が気づかない限り、たとえ熱中症にかかっていても、その症状をうまく伝えることができません

特に発熱などの症状が出ている場合、それが熱中症によるものなのか、風邪を引いているからなのかを見分け、それぞれに応じた対応をとり、症状の悪化を防がなければなりません。

気を付けなければならないのが、熱中症は室内でもなりうると言うことです。

「外で日光を浴びていたわけではないから、風邪だ!」と決めつけ、適切な対応が遅れると、命にかかわることもあるので、注意が必要です。

子供が熱中症にかかっている時の特徴として

・ぐったりしている
・38℃以上の高熱が続いている
・唇がカサカサしている
・おしっこが出ない
・顔色がどす黒い

などの症状があります。

子供に元気がなく、高熱を伴っている場合、その子の唇や、前回のトイレに行ってから今までにおしっこが出ているかなどを確認してください。

唇が渇き、おしっこが出ない、また顔色がどす黒い…などの症状がみられる場合、熱中症による脱水症状となっている可能性があります。

その様な場合は、すみやかに病院へ連れて行き、医師の診断を受けましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

熱中症の症状で熱が出た時の対応

sick_netsu

子供が熱中症で高熱が出た場合、一週間ほどで回復する場合がほとんどだと言われています。

大人と同様、子供であってもその療養期間は水分補給に十分に気を配らなければなりませんが、幼い子供たちの場合、彼らが自ら進んで水分補給をしてくれることを期待するわけにはいきませんよね。

なので、私達大人が子供たちの水分補給を手助けしてあげなくてはなりません。

しかし子供が3歳未満であるなど、まだ幼い場合、大人用のスポーツドリンクなどは、子供にとって糖分が多すぎるため、虫歯の原因になるので避けましょう。

そのぐらいの年齢の子であれば、お茶や白湯、またはイオン水などで十分なのです。

子供は大人に比べ、汗をかきやすいと言います。

この水分補給は、熱中症になってしまった子供への対応だけでなく、たとえ熱中症になっていなくても、その予防にもなるので、これからの季節には欠かせません。

また、熱中症の悪化を避けるため、部屋の温度や湿度の管理も徹底しましょう。

ただし、クーラーの設定温度を低くしすぎると、子供は汗をかきにくい体になってしまい、新陳代謝が悪くなるので、冷やしすぎには注意が必要です。

理想的な温度として26℃~28℃が最適だと言われているので、それを参考に寒すぎない涼しい環境を作ってあげてください。

 

~まとめ~

大人よりも熱中症にかかりやすい幼い子供たちは、自分からその症状を訴えることができません。

外出時はもちろん、室内にいても子供たちの様子をよく観察し、悪化するのを防がなければなりません。

もし熱中症にかかっている場合、普通の風邪とは違った症状が出ていることが考えられるため、その時は病院に行き医師の診断を受け、家で療養している間も水分補給や部屋の温度調節など、万全のサポートをしてあげましょう。

※頭痛や吐き気が続く場合は『関連記事熱中症の症状|頭痛と吐き気が続く場合の正しい対処法』をご参考ください。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30