力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

熱中症と脱水症状の違い 症状別に予防法を優しく解説

natsubate_businessman2

暑くなるこれからの時期、ニュースなどで気象庁などから熱中症への注意発起が頻繁に叫ばれるようになりますね。

現に、私達の周りでも「誰々が熱中症になって倒れた!」という話はよく耳にしますし、高温多湿になる日本の夏は、しっかり予防対策しないと、誰でも熱中症にかかる可能性があるのです。

また、高温多湿の中で私達がかかりやすい症状に、脱水症状と呼ばれるものもあります。

この脱水症状は熱中症と何が違うのでしょうか?

今回は、それぞれの症状に対する予防法をまとめました。

 

【スポンサーリンク】

 

熱中症と脱水症状

nettaiya

高温多湿の環境下に長時間いるなどして、体の機能障害が起こってしまうことで、発症する症状の総称が熱中症と呼ばれています。

具体的な症状として、めまい、頭痛、体温の上昇、汗が出なくなる…などがあります。

これらの症状が悪化すると、意識障害や最悪の場合死に至る危険性もあると言われており、早期発見と、対応が必要となります。

実は、この熱中症の症状の一つに、脱水症状が入っているのです。

脱水症状は発熱や下痢、嘔吐などにより、体内の水分量が極端に減少することにより発症します。

発熱、下痢、嘔吐もまた、熱中症により起こり得る症状だと言われており、つまりは熱中症が原因で体内の水分が足りなくなり、脱水症状を引き起こすことがあるということです。

脱水症状になると、口渇感や頭痛、吐き気、意識障害などの症状が出てきます。『関連記事脱水症状で頭痛や吐き気を感じた時の対処法

それらの症状は熱中症の症状と類似点が多く、そのことからも、熱中症と脱水症状が原因と結果になり得るほど、密接な関係あることが分かると思います。

 

【スポンサーリンク】

 

熱中症と脱水症状それぞれの予防法

medicine_cup_water

先ほども書きましたが、熱中症も脱水症状も悪化すれば、意識障害や最悪の場合命の危険にさらされることもある、恐ろしい症状です。

中には、死に至らなくても後遺症が残ってしまった…というケースもあります。

そうならないためにも、これらの暑い時期、熱中症や脱水症状にならないための予防対策はとても大事になります。

熱中症も脱水症状も、予防するには十分な水分補給が大切です。

夏の暑い時期、強い日差しの中での活動を行わなくてはならくても、意識して水分補給を行っていれば、熱中症や脱水症状を予防することは可能なのです。

摂取する水分は、真水よりも経口補水液など、身体へ水分が吸収されやすい物を選ぶなどの工夫をすることで、更に熱中症や脱水症状を予防する手助けになります。『関連記事熱中症の予防に最適な飲み物とダメな飲料まとめ

また、熱中症などになりやすい人の特徴として、睡眠不足風邪気味であったりと、体の機能が万全でない状態だったという場合が多いようです。

自身の体調をしっかりと把握し、万全でない場合は無理をせず、野外にいる場合などは日陰などの涼しい場所に避難するなどして、体をいたわることが予防につながります。

 

~まとめ~

熱中症と脱水症状は違う病気ではありますが、脱水症状になる原因の一つとして熱中症があることがわかりました。

その予防法は、ともに水分補給に気を配り、体調がすぐれない時などは、無理な外出や活動は避けるようにするというこです。

これからの季節、高温多湿の環境下にさらされる機会が増えるので、これらの予防法に気を配り、夏を乗り切りましょう!

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30