力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

健康な体系に!靴底のすり減りを防止する為の歩き方

shoes_sneaker

ふと、今履いている靴を見ると、靴底が内側や外側にすり減っていませんか?出来ればすり減り防止したいところですよね。

実は靴底のすり減り方を見るだけで、あなたの体の不調が分かってしまうんです。

逆に言うと、歩き方を変えるだけで、不調だった体調が良くなる事も多いので、この際に正しい歩き方を身につけ、より健康的な生活を送っていきましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

靴底が偏ってすり減る理由

medical_rihabiri_shoes

私は過去に意識して歩いてきたので、だいぶ改善はしてきたものの、昔は靴底の内側が極端にすり減っていました。

過去の私のように、極端に一部分だけがすり減りが早い場合は、体に歪みが生じている可能性が高いです。

体が歪むと、もちろん姿勢が悪くなりますし、体の代謝も悪くなってしまいます。代謝が悪いと

・疲労感を感じやすい
・めまいがする
・下半身が太くなる
・下痢・便秘の症状が出る

など、体に沢山の悪影響を及ぼしてしまいます。

靴底のすり減り方に特徴のある方は、体が歪んでいるという事なので、まずはあなたの体の歪みの特徴を、靴底のすり減り方から確認していきましょう。

 

靴底のすり減り方~外側が激しい場合~

body_ashi2_okyaku

主に靴底の外側がすり減っている場合『がに股』『О脚』の可能性が高いです。つまり、足の外側に重心がかかっている状態ですね。

外側に重心がかかるという事は、外側に大きく負担をかけているという事です。負担をかけた部分は、筋肉が発達しますので、足全体ががっちりした体形になります。

言葉を選ばずに言うと、下半身デブの状態です。さらに外側に重心がかかっている方は、足の見た目ががっしりしてしまうだけではなく、膝にも負担がかかっているので、膝を痛めてしまいます。

このタイプの方は、両足の感覚を極端に狭くして歩くイメージをしながら歩くのがコツです。

そうすることで、重心が内側にもかかるようになるので、歩くたびに意識すると、徐々にがに股が改善していきます。

改善してきたと思ったら、感覚をもう少し広くして、バランスを取っていくと良いでしょう。

 

靴底のすり減り方~内側が激しい場合~

body_ashi3_xkyaku

次に靴底の内側がすり減っている場合『内股』『X脚』の可能性が高いです。

歩くときに猫背気味の人や、膝が曲がっている方が、この傾向にあります。

このタイプの方は『かかと』『小指』に重心がかかるので、魚の目やタコが出来やすい傾向にあります。

さらに歩くときは、太ももの外側に重心がかかっているので、外側の筋肉が極端に発達し、太ももが張りやすい状態です。

その上、骨盤も開きますので、お尻も広がってしまうので、見た目がだらしなく見えてしまいます。

また、自分では意識していなくても膝を曲げて歩いている人が多いので、それが原因で足の血行が悪くなり、足がむくみやすくなるのです。

であれば、このタイプの人は今と真逆の事を意識しながら歩くようにする事で、徐々に内股が改善していき、いつの間にか体系も良くなっているでしょう。

具体的には『つま先を極端に外側に向けながら歩くようにする』『気付いた時に膝を伸ばす癖をつける』ようにすると良いです。

 

【スポンサーリンク】

 

その他のケース

shisei_man_bad

その他のケースとして『片方のかかとがすり減るケース』『つま先だけがすり減るケース』があります。

つま先だけがすり減る方は、重心が前に寄っているので、前かがみで歩いている方が多いでしょう。

前かがみ歩きは、腹筋が鍛えられない歩き方なので、お腹が出やすくなる特徴があります。

なので、このタイプの方は、重心をかかとに持ってくるイメージで歩くようにすると良いでしょう。

そして、段々と癖が治ってきたと思ったら、徐々に重心を真ん中に持ってくるようにして、バランスの良い重心で歩けるように意識して歩いて下さい。

片方のかかとがすり減る人は『骨盤が歪んでいる』『足の筋肉が衰えている』人が多いです。

body_kotsuban_white

足を引きずりながら歩いているか、骨盤がかなりズレているかのどちらかです。

足を引きずっている方は、足の筋肉量が少なく、足が持ちあげられない状態になっていると思われるので、この場合は足の筋力を付けるようにしましょう。

そして骨盤がずれている方は、左右均等に足に体重がかけられないので、どちらかに体重がかかってしまう事で、片方のかかとがすり減ってしまうのです。

骨盤が歪んでいる方は、まずは骨盤矯正を行なってもらい、矯正した骨盤を維持出来るように、姿勢をまっすぐにし、背筋をピンと張ってまっすぐ歩くように意識して下さい。

 

靴底を均等にすり減るようにする正しい歩き方とは

shisei_man_good

以上、全部で4通りの靴底の減り方と、その対処法をお伝えしました。

まずはあなたの癖を理解し、癖を直していくのが最優先です。ある程度癖が治ってきたら、今から紹介する正しい歩き方をマスターしていきましょう。

・『つま先をまっすぐ』を常に意識する
・歩くときはかかとから着地する
・足を地面から離す時は足の親指の付け根を真後ろに蹴る

上記の3点を意識しながら歩くよう、心がけてみて下さい。

 

~まとめ~

靴底のすり減りから、ある程度の体の不調を予測することが出来ます。

4つのタイプの内、いずれかに当てはまった人は、まずあなたの癖を正してもらってから、正しい歩き方を意識しながら歩いてみて下さい。

これで今抱えている不調が改善されるだけではなく、歩く姿勢もかなり良くなり、見た目の印象もアップすること間違いなしです。

健康の為に、かっこいい見た目を実現する為にも、この機会に意識して歩いてみましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30