力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

赤ちゃんに熱中症の可能性 危険な症状の見分け方と予防法

jiko_childseat

毎年のように話題となる熱中症への対策。特に赤ちゃんは大人たちに比べ、熱中症にかかりやすいと言われています。

熱中症は悪化すると命に関わる危険な症状で、もし発症しているのであれば、早期発見と対応が必要となります。『関連記事夏に手足のしびれが…それ、熱中症かもしれません

しかし、まだ言葉の話せない赤ちゃんたちは、熱中症による症状を伝えることができず、私達周りの大人が気づいてあげないと、手遅れになってしまいます。

赤ちゃんたちが熱中症にかかった場合、一体どのような症状が出るのでしょうか?

また、そうならないために私達が日頃から行える予防法はあるのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

赤ちゃんが熱中症にかかった時の症状

summer_necchusyou

先ほども書きましたが、赤ちゃんは大人に比べて熱中症にかかりやすいと言われています。

大人よりも汗をかきやすく、同じ体勢でいることが多いため、体に熱がこもりやすいことも原因ですが、何よりも「熱い」「喉が渇いた」「体調が悪い」などを言葉で訴えることができないことも、その要因の一つでしょう。

熱中症は、発見が遅れるとすぐに悪化し、最悪の場合死に至ることもある恐ろしい症状です。

そのため、周りにいる大人が赤ちゃんをよく観察し、その症状から熱中症にかかっていないかを判断する必要があります。

・顔の皮膚が赤く熱を持っている
・顔色が悪い
・脈が弱い
・元気がなく、機嫌が悪い
・母乳やミルクをいつも以上に欲しがる
・汗をかかない
・おしっこが出ない

これらの症状が出ている場合、水分不足による脱水症状に陥っている可能性があります。『関連記事:脱水症状|子供が下痢やめまい・しびれを訴えたら要注意

なので涼しい場所に移動させ、水分補給させるなどの対処が必要となります。

また、熱中症が悪化すると

・ぐったりしている
・意識が朦朧としている
・呼びかけても反応がない
・意識がなくなる

など、その症状は更に重くなっていきます。その時は、すぐに病院に連れて行きましょう!

 

【スポンサーリンク】

 

私達ができる熱中症予防法

baby_honyubin

上記したように、赤ちゃんの様子を観察し、その症状から熱中症かどうかを見分けることは、確かに大切です。

しかし、何よりもまず赤ちゃんたちが熱中症にかからないよう、予防対策をしてあげることが一番ではないでしょうか?

赤ちゃんが熱中症にかからないために適した環境作りには

・温度&湿度
・水分補給
・(外出時には)熱中症対策グッズ

などに気を配る必要があります。

温度や湿度に関しては、市販されている温度計に表示されている「赤ちゃんに適した温度(または湿度)」を参考にしてもいいかもしれません。

だいたいの温度計には、温度は18℃~26℃、湿度は40%~60%と表示されているかと思います。

そして、こまめな水分補給に気を配ってあげることはもちろん、外出時には直射日光を避けるために帽子を着用してあげると良いでしょう。

また、上昇した体温を下げるために濡れタオルや、ベビーカー内を涼しく保つ、ひんやりシートなどをセットするなど、対策グッズを活用することで、熱中症予防に繋がります。

 

~まとめ~

言葉を喋れない赤ちゃんたちは、周りの大人が気づいてあげない限り、熱中症の症状を訴えることができません。

症状の重さによって、赤ちゃんの様子も変わってくるので、必要な場合はすぐに病院に連れて行くなど、適切な対応が必要となります。

その症状は、きちんと観察していれば見分けることのできるものばかりです。

また、そのような事態にならないためにも、日頃から熱中症対策のために室内の温度や湿度、水分補給に気を配り、外出時には予防グッズを活用するなどして、赤ちゃんを熱中症から守りましょう!

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031