力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

子供が夏バテで食欲がない時に食べさせたい食べ物をご紹介

natsubate_businessman

7月~8月にかけて『夏バテ』の季節ですよね。特に子供が夏バテになると、あまり食事を取りたがりません。そんな食欲がない時に食べさせたい食べ物について、今回はお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

子供が夏バテに…そもそも夏バテとは?

natsubate_businessman2

子供が怠そうにしていて、なんとなく食欲がない状態が続けば「夏バテなのかな」と思いますが、そもそも夏バテとはどのような症状なのでしょうか。

実は夏バテは病気ではありません。暑さにより自律神経が狂う事で、体に様々な不調が出てしまうことを夏バテと言います。

ちなみに夏バテの症状は

・頭痛
・吐き気
・めまい
・下痢や便秘
・微熱
・胃痛
・食欲不振
・体がだるい

が多いです。何となくだるい状態が続いている方は、夏バテの可能性があるので、注意が必要です。

夏バテは病気ではないですが、自律神経が乱れ、免疫力が落ちている状態です。なので、出来るだけ早く夏バテを解消することが大切になります。

 

夏バテで特に注意が必要な症状

virus_zutsuu

夏バテで特に注意が必要な症状は『頭痛と吐き気』です。

吐き気がするだけで極端に食欲がなくなってしまうので、そうして何も食べなくなると栄養不足になり、かえって症状が悪化してしまいます。

頭痛も厄介で、頭痛がするだけで何をする気力も無くなってしまい、さらに食欲も薄れるので、吐き気も頭痛も早いところ解消して、美味しく食事を食べられるようにしたいですね。

 

【スポンサーリンク】

 

夏バテに食べさせたい食事を取る前に…

sick_takansyou

子供の夏バテに有効な食事を取る前に、今の夏バテの状態を少しでも解消してあげる事が大切になります。

夏バテの原因は、自律神経の乱れでしたね。であれば、これ以上自律神経を乱さないような生活を心がける事で、夏バテの症状が少しずつ改善していきます。

自律神経が乱れるのは外部的要因が大きいです。例えば暑い外から帰ってきた瞬間、涼しい部屋で体を冷やし、また買い物に行くために外に出かけ、帰ってきたら冷房がキンキンの部屋に…

これでは自律神経もビックリしてしまい、対処できなくなって乱れてしまいます。その結果、夏バテの症状が起こってしまうのです。

であれば『室内を冷やし過ぎない』というのが夏バテ解消の一番のポイントになります。

eakon_samui

厳密にはクーラーの設定は28度前後に設定し、外の温度とあまり差がないようにするのがポイントです。

「それじゃあ暑くて耐えられない」という方は、一緒に扇風機を付けてあげる事で、体感温度が下がるのでオススメです。

そうすることで、夏バテで酷かった頭痛もだいぶ和らぎ、少し食欲が戻ってくるでしょう。

吐き気の場合はこの対処に加え、水分補給をこまめに行うのがポイントです。

その際

・塩分やミネラルが含まれている飲み物
・常温か、それよりも温かい温度にして飲む

が重要になります。

 

夏バテの時に子供に食べさせたい食べ物

food_goya_champloo

ここまでの対策を踏まえたうえで『夏バテに食べさせたい食べ物』を参考にして下さい。

夏バテに有効な三大栄養素というのが存在し、それが

・たんぱく質
・ミネラル
・ビタミン

です。

この3つの栄養をバランスよく摂取することが、子供の夏バテ解消や防止にも繋がってきます。

これを考慮したうえでオススメの食べ物が

・冷しゃぶ
・ポトフ
・ゴーヤチャンプル

などがオススメです。

しかし、これらの栄養価が高い食べ物は『自律神経を整える生活習慣』である程度症状を回復させたうえで、少し食欲が戻ってきた時に食べさせるのが良いです。

まだ、そこまで食欲が無く、上記の食事をまだ受け付けない場合のポイントは『食べられるものをから食べさせる』ことです。

栄養に良いからと無理に食べさせても、逆に状態が悪化する可能性もあるため、夏バテ真っ盛りの時は

・野菜スープ
・ヨーグルト
・バナナなどの果物

など、食欲がなくても食べやすいものから食べさせてあげると良いでしょう。

そうして徐々に食べられるようになってから、ポトフなど栄養価が高く、夏バテに効果的なものを食べるようにすると良いです。

 

~まとめ~

子供が夏バテの時に食べさせたい食べ物について、ご紹介いたしました。

しかし、それ以前に夏バテを根本的に治していくアプローチが重要だという話もしました。

まずは外と家の温度差を激しくさせないように、エアコンの設定温度は28度前後に留めておきましょう。

吐き気がある場合は、ミネラルや塩分が含まれた常温程度の飲み物をこまめに摂取すると徐々に改善されていきます。

そうして自律神経を整えつつ、最初は子供が食べられるもの(食べたがっているもの)を与え、徐々に食欲が戻ってきたらポトフなど夏バテに有効な食べ物を与えると良いでしょう。

また、夏バテと一緒に気を付けたい夏風邪については『関連記事2016年の夏風邪|症状の特徴や原因を知り事前に予防』からご覧ください。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30