力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

感染性胃腸炎は人に移る?その苦しみはいつまで続くのか

virus_benpi (1)

突然、下痢や吐き気の症状が…それ、もしかしたら感染性胃腸炎かもしれません。

そんな感染性胃腸炎は、人にうつる病気なのでしょうか?また、感染してから治るまでの期間はどのくらいかかるのか?についてお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

感染性胃腸炎とは

ryouri_man

感染性胃腸炎はノロウィルスやロタウィルスなどの病原体によって起きる感染症です。

秋から冬にかけて流行し、病原体を手で触れることによって生じる接触感染と、食べ物によって生じる経口感染があります。

 

感染性胃腸炎 ウイルスごとの特徴と治るまでの期間

baikin_genki

接触感染は病院や福祉施設で起こりやすく、患者さんのウィルスが含まれる便などから人の手を介して二次感染するパターンで数年前にも大量の集団感染者を出した事故がありました。

また学校や家庭でも起こりやすく、人のせきやくしゃみなどから直接感染します。なので、感染性胃腸炎は人から人へうつる病気と言えるでしょう。

経口感染は感染している食品取り扱い者が関わった食品から生じる場合が多いです。

ノロウィルスから生じる胃腸炎は主に嘔吐や下痢、頭痛などが発症します。

発熱は少ないのが特徴ですが、治るまでには1日~2日程度かかります。

ロタウィルスに感染すると厄介で嘔吐や下痢、発熱も起こりやすく比較的重症になりやすい傾向にあります。

baby_kokyuuki_tube

そして治るまでには約1週間を要し、乳幼児がかかりやすいのが特徴です。

治療法は今のところ痛みを軽減させる対処療法しかありません。

抗生物質は無効ですし、下痢をひどくさせることもあります。

さらに下痢止めは病気の回復を遅らせることがあるので注意が必要となるでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

感染性胃腸炎の対処法

akachan_bed

基本的には充分な水分と栄養分を採ることが大切です。特に乳幼児や高齢者は脱水症状を起こしやすいので注意しましょう。『関連記事脱水症状で頭痛や吐き気を感じた時の対処法

まず、高齢者の場合は嘔吐物が気管に入り、肺炎を起こす場合があるので早めに医療機関へ受診するのをオススメします。

そして、乳幼児の場合はけいれんを引き起こす場合があります。その場合、デグレトールなどの抗てんかん薬が有効で後遺症も残しません。

さらに、脱水症状の応急処置としてスポーツドリンクを飲ませる方がいますが、塩分やミネラルの量が充分でなく、糖分が多いため、実は治療に適切ではありません

水道水もナトリウムの量が多くて不適当です。薬局で経口補水液を購入するのが望ましいでしょう。『関連記事熱中症の予防に最適な飲み物とダメな飲料まとめ

ただロタウィルスに関しては一度免疫ができれば長期間有効で、乳幼児にかかった場合、大人になってからかかるのは稀です。

ノロウィルスは免疫が出来ても短期間で消えてしまい、毎年かかる場合もあります。予防法としては食事前、外出やトイレ後の手洗い・うがいなど基本的なことが大事です。

ugai_tearai

乳幼児に関してはオムツを定期的に交換しましょう。

また、消毒に関しては、ただのアルコールはノロウィルスには有効ではありません。

ミルトンなどの0.1%次亜塩素酸ナトリウムで10分以上哺乳瓶や手などを消毒しましょう。

ロタウィルスに関しては70%エタノール液が有効です。

また、感染性胃腸炎の原因として多いカキ。もしカキを調理する際は中心部を85.1度以上で充分に加熱をすることが大切です。

 

~まとめ~

感染性胃腸炎は、感染した人から他の人へ感染することが分かりました。

特に感染者が取り扱った食品を食べることで、他の人へ感染するケースが多いです。

なので、調理をする人は手洗いうがいをしっかりと行い、ノロウイルスの元になるような食材は、良く加熱して調理するようにしましょう。

万が一赤ちゃんや子供が感染してしまった場合、特に嘔吐物を飛散させてしまった場合は、まずは嘔吐物を綺麗にふき取り、ふき取った物はゴミ袋などに密封して捨て、飛散した周りを消毒するようにしましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30