力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

子供がりんご病に感染 実際の症状や特徴をご紹介

biyou_hadaare

名前は聞いたことがあるけれど、実際にはよくわからないりんご病。そんなりんご病に子供がかかった時に慌てないように、実際の症状や特徴などをお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

りんご病 子供の症状と特徴

sick_hiyasu_waki (1)

りんご病は5歳から9歳の子供に多くみられる感染症で、季節的な流行はあまりみられません。感染力は弱いため大きな流行にはなりにくいです。

最近の傾向で、全国的な流行は5年ごとに起きています。男女共に発症する可能性のある症状です。

りんご病は終生免疫ができるので、一度かかってしまうと生涯かかることはありません。

りんご病は感染してから10日程度の潜伏期間を経て発症します。

初期の症状としては微熱が続く、がでるなど風邪と症状が変わりません

ただこの時期が一番感染力が強いので注意が必要になります。

その後紅斑という赤い発疹がでてくるのですが、発疹は水疱瘡のようなぶつぶつではなく、細かい発疹が蝶のように広がります

発疹はかゆみを伴いますが、掻くと症状がひどくなるため、お医者さんにいってかゆみ止めをもらいましょう。

kenkoushindan_monshin

発疹は主にほっぺに出ますが、胸や背中、手足、お尻などにもでます。

発疹は発症後、3、4日後が特に症状がピークになりますが、1週間程度で消える事が多いです。しかし、長期化するお子さんもいらっしゃいます。

1度消えた発疹が再度現れることもありますが、発疹が出る頃にはウィルスの感染力はほとんど消えてしまいます。

冬は寒さでほっぺが赤くなる子が多く、りんご病だと気が付きにくいので、いつもより元気がないなどの些細な変化に気付いてあげることが重要です。

 

【スポンサーリンク】

 

りんご病の治療と予防法

medicine_capsule

りんご病に治療法はありません。基本的には安静にして自然治癒を待つしかありません。

かゆみがひどい時には抗ヒスタミン薬などが投与されます。また特定の予防法もないのが現状です。

発疹が出ている時は、日光に注意が必要になります。外出はできるだけ避けたほうが良いですね。

食事は普段通りで構いませんが、離乳食を手で食べる時には発疹部分にソースなどが当たらないように注意してあげましょう。

入浴に関しては賛否両論ありますが、入浴は避けたほうが無難です。

ただぬるま湯のシャワーを患部に当てるとかゆみが収まるケースもあるそうですので、一度患部にシャワーを軽く当ててみて、様子を見てみると良いでしょう。

りんご病は見落としがちな病気ですが、風邪のような症状が現れた後に発疹がでたら医師に相談してみましょう。

 

~まとめ~

・りんご病は5歳から9歳の子供に多くみられる
・1度感染したら生涯かかることはない
・発症リスクは男女共に同じぐらいの割合
・特別な治療法はない
・患部に熱を当てないように注意
・離乳食を手で食べる時は注意

りんご病は5歳から9歳をピークに起こりやすい病気ですが、1度感染したら生涯かかりません。特別な治療法はないので自然治癒を待ちましょう。

また患部に熱を当てたり、離乳食を食べる時にソースなどが患部に当たらないように気をつけて下さい。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031