力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

手足口病の潜伏期間や初期症状 いつまでうつるか徹底解説

sick_teashikuchibyou

手足口病は、5月~9月にかけて感染が流行し、7月が最もピークになる傾向があります。ウイルス性の病気なので、他の人にも感染するリスクも高いでしょう。

特に手足口病は非常に感染力が強く、幼稚園などで1人が発症してしまうと、瞬く間に集団感染してしまいます。そんな手足口病の潜伏期間や初期症状、うつる期間はいつまでなのかを知る事で、あらかじめ感染を予防すると共に、二次感染を防ぎましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

手足口病の初期症状や特徴

kounaien

手足口病に感染した時、最初に出る初期症状が『口内の痛み』です。痛みを感じた時に口の中を確認すると、白いポツポツがいくつか確認出来ますが、これが最初に目で見て確認出来る初期症状です。

この症状はヘルパンギーナという症状に似ていますが、違いは発疹する部位の場所の違いや、高熱が出るかどうかで判断出来ます。口の中のできものに加え、高熱が出るようなら、ヘルパンギーナの可能性も疑った方が良いでしょう。
関連記事:ヘルパンギーナの原因や対処法を解説~病院に行くべきか~

手足口病と言えば『発熱』のイメージが強いと思いますが、実際熱が出るのは3人に1人程度です。仮に発熱したとしても、38度前後の熱が多いです。

kaze_woman

なので、一番の特徴は発熱ではなく『手・足・口に出来る水泡の発疹(水泡発疹)』と言えるでしょう。

口にできる発疹は『痛みやかゆみ』といった不快感が生じるのに対し、手や足の発疹は『不快感を感じない』というケースが多いのが特徴です。

・手、足、口に水泡発疹が生じる
・口は痛みやかゆみを伴い、手と足は不快感を感じないケースが多い

これが、手足口病の初期症状であり、一番の特徴です。まさに病名の通りですね。
※大人が発症した場合は、手や足にも痛みを感じるケースもあります。

 

手足口病の原因

エンテロウイルスのグループ内に属する『コクサッキーウイルス⇒ 関連記事:コクサッキーウイルスの感染経路や症状~心筋炎の原因に~』や、10種類以上のウイルスが、主な原因です。

どのウイルスに感染するかで『手足口病』もしくは『ヘルパンギーナ』に発症するかが変わってきます。

さらに厄介なのが、感染の原因となるウイルスは、10種類以上存在するので、一度かかってもすぐに再発する可能性があることです。

 

手足口病の潜伏期間や感染期間

byouki_oldman

手足口病に感染してしまった場合、潜伏期間はどのくらいなのでしょうか。これは『2日~5日』ぐらいだといわれています。ただ、あくまでも一般的な目安で、人によって個人差はあります。

そもそも潜伏期間とは、病気に感染してから実際に症状が出るまでの期間を指します。つまり、この期間は潜伏しているだけで、症状は現れないのですね。

ここが厄介な所で、手足口病は感染力が強いので、潜伏期間中でも他人に移してしまう恐れがあります。

「気が付いたら口の中に白いポツポツ(水泡)が出来てる…」これは潜伏期間を経て、すでに発症している段階、つまり『初期症状の段階』に入っています。

そして手足口病の感染期間は、約1週間~10日だといわれています。その間に手足口病の症状である

・口や喉の痛みや口内炎
・手・足・口の水泡発疹
・38度前後の発熱(3人に1人程度)

これらの症状が発生し、この期間内は相手に移す可能性があるのです。

 

手足口病の感染経路

手足口病に感染する患者は、おおよそ9割が5歳以下の幼児と言われています。それでは具体的にどこから感染してくるのか?主な感染経路『飛沫感染』『接触感染』『経口感染』の3つです。

 

飛沫感染

virus_seki

手足口病の感染者が、咳やくしゃみをした際に、病原体が相手の粘膜に付着することで、感染します。この原理は、インフルエンザや風邪と同じなので、感染者がマスクをする事で、ある程度感染リスクを減らすことが出来ます。

 

接触感染

bsPAK66_LOVEnigiri20140301

感染者との接触や、接触したものに触れると感染します。例えば、手すり、ドアノブなどですね。触れた手で目や口の中等の粘膜に接触することで、感染します。

あなたのお子様やご家族が感染してしまった場合、接触感染を確実に防ぐのは難しいでしょう。出来る限りの対策としては

・感染者やご家族がこまめに手洗いうがいを実施する。
・こまめに消毒液(次亜塩素酸ナトリウムなど)で、感染者が触れた箇所を消毒する
・出来る限り、手で目や口元を触らないようにする

になります。完全な予防は難しいですが、出来る限りの感染予防はしておきましょう。

 

経口感染

toilet_benki

経口感染の主な原因は『感染者の便』によるものです。排泄物に混じったウイルスが、鼻や口から侵入する事で感染してしまいます。大人も子供も共通するのは、トイレ後に綺麗に手を洗わずに、食べ物を扱う事です。

子供から親へ感染する一番の原因が『おむつ替え』の時です。排泄物を処理するために、どうしても経口感染のリスクが高くなってしまいます。オムツ交換後は、毎回綺麗に手を洗う事で感染を防ぎましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

手足口病のうつる期間はいつまで?

sick_kansensyou

手足口病に感染してから、他人にうつる期間はいつまでなのでしょうか。手足口病自体、感染力がかなり高いウイルスなので、感染者が潜伏期間中ももちろん、うつる可能性はあります。

ただ、実際に症状が出た頃から、治るまでの期間が、一番感染のリスクが高く、その時期にうつるケースが多いです。手足口病のウイルスは、主に

・鼻水や唾液
・水泡等の発疹部分
・排泄物

に潜んでいるので、これらの症状が完全に回復するまでは、感染の可能性があるので注意が必要です。ちなみに、鼻水や唾液にウイルスが残っているのが約2週間程度で、発疹がかさぶたとなり、完全に回復するのも同じく2週間ほどかかります。

症状が出てから2週間が、一番気を付けるべき期間ですね。ただ、便に至っては、上記の症状が回復してからさらに2週間、ウイルスが潜んでいるので、症状が発症してから約1か月は、気を付けておいた方が良いでしょう。

特に、まだ幼児の赤ちゃんが感染した場合、オムツを変える際に経口感染する可能性があるため、さらに注意が必要です。

という事で、手足口病がうつる期間『潜伏期間中』『症状の発症から1か月』ですので、この期間は自宅にお友達を呼ぶのは避けましょう。

 

症状はいつまで続くのか

meneki_bad

症状により、治るまでの期間は異なります。具体的には

・発熱の場合⇒2~3日程度
・発疹の場合⇒1週間程度(かさぶたになった場合は2週間程度)
・手・足の爪が剥がれる⇒発症から1か月~2か月後に症状が出る

です。最後の爪が剥がれる症状は、発症してから1~2か月後に現れる事もありますが、またすぐに生えてきますので、安心して下さい。

 

かかってしまった時の治療法や対処法

medicine_capsule

今現在で、根本的な治療法はありません。なので、発症した際は『対処療法』で症状を軽くする、もしくは自然治癒の手助けをするといった対処法になります。

例えば、口の中に水泡が出来た場合は『イソジンうがい薬』を使います。ただ、うがい出来ないほど痛いなど、症状が酷い場合は『口内炎治療薬』を使用することもあるでしょう。

大人の場合、39度~40度の高熱が出る事もあるので、その場合は『解熱鎮痛剤』で脳にダメージが行かない程度に熱を下げたり、脱水症状が見られる場合は『点滴』で対処する事もあります。

medical_tenteki

このように、手足口病全般に効く特効薬は無い為、症状によって対処法は変わってきます。ただ、薬などを使用する場合は、自己判断は危険なので病院に行き、適切な薬を処方してもらいましょう。

日常生活での対処法ですが、炭酸は勿論、オレンジジュースやカレーなど、刺激の強い飲み物や食べ物は避けて下さい。発症時にオススメの食べ物や飲み物は

食べ物⇒ゼリー・プリン・おかゆ・雑炊・煮込みうどん・そば・シチュー・野菜スープなど…

飲み物⇒お茶・水・イオン飲料など、味の薄い飲み物や、脱水症状に効果的な飲み物

です。間違っても酸味の強いジュースや、刺激の強い食べ物(塩分量が多い・酸味が強いなど)は摂取しないようにして下さい。余計に炎症が酷くなり、症状が悪化してしまいます。

 

感染したら気を付ける事

pop_chuui

感染したら気を付ける事は次の通りです。

・高熱や口内の痛みで水分を取らなくなる事による『脱水症状』
・刺激が少なく消化の良い食べ物や、酸味が少なく味の薄い飲み物を摂取する
・お風呂はOK。でも、タオルは別々にする

最悪食べ物は食べなくても、水分だけは取るようにしましょう。脱水症状を引き起こす恐れがあります。食べ物や飲み物は、先ほどお伝えした通りですね。

そしてお風呂ですが、熱が無い場合は入浴も可能です。お風呂自体が症状を悪化させるわけではないからです。ただ、タオルは共用ではなく、必ず別々に使って下さい。

水泡などにも直接触れるタオルは、接触感染のリスクが非常に高いからです。出来れば、水泡や発疹が治まるまでは、シャワーで済ませるのがオススメです。

そして、万が一『嘔吐』『頭痛』が見られるようなら、出来るだけ早く病院へ行きましょう。大抵は『経過観察』と診断されますが、稀に重症化してしまう事もありますので、病院へ行くに越したことはないですね。

 

手足口病に感染しない為の予防方法

kenkoushindan_monshin

手足口病には特効薬が無い為、なによりも発症しない事が重要になります。その為の予防法ですが、基本的には同じウイルス感染のインフルエンザと同じです。

『手洗い・うがいをまめに行う』これが一番の予防方法となります。感染源の原因を、全て排除してくれる、基本ですが最も効果的な方法です。

さらに、手足口病の原因となる『コクサッキーウイルス』は、免疫力の低下により感染しやすくなる為『免疫力を高める生活』を心がける事が大切になります。

免疫力を高める生活については『免疫力を高めてコクサッキーウイルスを予防!早寝早起きはいけない!?』をご覧ください。

そして、手洗いうがいはもちろんですが、この時『タオルの共有』には気を付けて下さい。感染者は使い捨てのペーパータオルを使用するなど、共用しない工夫をするようにしましょう。

 

~まとめ~

手足口病の原因から感染経路、さらには予防方法まで、手足口病に関する必要な情報だけをお伝えしてきました。

あなたの今の状況に合った項目を読んで頂き、すでに感染している方は少しでも早く完治できるように、まだ感染していない方は予防法を実践し、手足口病に感染しない体づくりを心がけましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930