力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

りんご病の潜伏期間や初期症状 大人もうつるの?

sekimen_man

子供がかかる印象の強いりんご病ですが、実は大人でも発症します。子供から大人にうつることもあるようです。

またりんご病は発症する前に潜伏期間があるのですが、意外と知られていません。

今回はそんなりんご病の初期症状を含めた内容をお伝え致します。

 

【スポンサーリンク】

 

りんご病の潜伏期間

virus_mask_man

りんご病とはヒトパルボウィルスB19によって生じる感染症の一種です。

両の頬が赤い色になるのでりんご病と呼ばれていますが、正式には伝染性紅斑といいます。

りんご病は感染してから発症するまでに10日から20日程度の潜伏期間があります。

潜伏期間中には目立った症状が表れないため潜伏期間中にりんご病に気が付くのは難しいのです。

 

りんご病の初期症状

allergy_hanamizu

りんご病は発症すると37度台の微熱と咳、鼻水などの初期症状が表れます。ですから風邪と勘違いしやすいのですが、実はこの時が最も感染力が強いので注意が必要です。

その後、紅斑という赤い湿疹が表れますが、このころには感染力は弱まっているので、登校などに悪影響は与えません。

紅斑は1週間ほどで消えますが長期化することもあります。

 

大人でも感染するの?

sick_te_shibire

りんご病は一度感染すると終生免疫を獲得するため、二度とかかることはありません。

ただ免疫を獲得しないまま大人になれば、大人でも感染します

成人の半数が終生免疫を獲得しているので、逆を言えば半数は感染する可能性があるということです。

子どもがりんご病に感染し、その後に親御さんが感染することもあるので注意しましょう。

大人の場合は頬に紅斑が出ずに、手足に発疹が表れることがあります。

発疹も3週間ほど続く上に関節痛や倦怠感がでることもあり、症状は子供より重症になりやすい傾向です。

又、妊婦さんが感染すると胎児に悪影響を与えて、流産や死産になることもあるので注意してください。

 

【スポンサーリンク】

 

治療について

medical_yobou_chuusya (1)

現在はまだりんご病の治療法は確立されていません。またワクチンもないので、予防接種を受けることもできないのが現状です。

なので、静かに休んで自然に治るのを待ちましょう。

根本的な治療法は無いので、対処療法を行うしかありません。かゆみがあるときにはかゆみ止めの薬を処方してもらい、熱が出て下がらない場合はリンパ腺を冷やすなどして対処すると良いですね。

※かゆみがある時⇒『関連記事りんご病の症状や治療法 かゆみ止めに有効な薬とは
※熱がある時⇒『関連記事りんご病の症状|熱が出て下がらない時の対処法

 

~まとめ~

りんご病は大人でも感染すること、潜伏期間があること、初期症状は風邪と見分けがつかないことなどをお伝えしてきました。

初期症状のうちは比較的子供は元気なので見過ごしがちですが、日頃の小さな言動の違いなどから、りんご病の特徴を敏感に感じ取って頂きたいですね。

そして繰り返しになりますが、くれぐれも妊婦さんは感染には気をつけて下さい。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30