力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ダニアレルギー|皮膚に現れる症状の特徴と治療法

hoken_sensei_chiryou

ダニアレルギーで皮膚に発症する炎症と蚊などに刺されたときの炎症は違う症状になります。でもどう違うかはよく解らないですよね?

そこでダニアレルギーの炎症の特徴とその治療法を紹介します。『関連記事ダニアレルギーの湿疹の特徴や見分け方~原因が違う場合も~

 

【スポンサーリンク】

 

ダニアレルギーによる皮膚の炎症の特徴

kayui

ダニに刺された場合、その種類にもよるのですが、刺されてから1週間程度で皮膚に炎症が起こります。

サイズは1センチほどで、激しい痒みを伴う特徴があります。

蚊などに刺された場合、通常数日で炎症は収まるのですが、ダニの場合は1週間以上続くのです。

またダニによる炎症は脇腹やお腹など露出していない場所に表れる特徴があります。

対して、蚊が服の上から刺すことはまず考えられないので、露出していない場所に炎症が起きればダニによるものと考えて良いと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

ダニによる皮膚の炎症の治療法

medicine_nurigusuri2

ダニによる炎症が皮膚に起きたら、まずは掻かないことが大切です。

ダニの炎症は非常に痒いため我慢できない気持ちは分かりますが、掻いてしまうと細菌が傷口から浸入して、とびひを引き起こします。特に小さいお子さんは要注意です。

痒い時は虫さされ用の痒み止めで応急処置をしましょう。心配な場合はパッチタイプの商品を炎症の箇所に使用しましょう。

とびひは感染することがあるのでタオルの共同使用などはしないようにしてください。

また掻いてしまうと黒くなって痕が残ってしまいます。

治療法ですが基本的にはステロイドを塗って下さい。ステロイド系の商品はドラッグストアで売っています。

それでも痒みが収まらないなら病院に行きましょう。

dai_byouin2

ただし、6ヵ月未満のお子さんにはステロイドは使用できないので、すぐに皮膚科に受診してください。

ステロイドは副作用を心配されるかたがいらっしゃいますが、数日間に渡って連続して使用しなければ問題ありません。

ただ不整脈や他に薬を常用しているかたは主治医にご相談下さい。

ドラッグストアで売っている医薬品は第一類、第二類、第三類に別れており、一類は薬剤師の指導なしに購入することはできません。

ダニによる炎症に効く一般薬はムヒアルファEX、ウナコーワエース、ウナコーワクールなどです。

ムヒアルファEXは第二類の医薬品でステロイドは弱めです。ウナコーワエースも第二類の医薬品でステロイドは市販薬の中では強めです。

ウナコーワクールは同じくウナコーワシリーズでステロイドは含まれていません。

病院で処方される薬はセレスタミン、アレグラ、マイザー軟膏などが有名です。

 

~まとめ~

・ダニの炎症は掻かないようにしましょう
・治療にはステロイド系の医薬品を使用しましょう
・6ヵ月未満の子供や不整脈のかたは医師に相談

炎症は非常に痒いですが、とびひなどの危険があるので決して掻かないようにしてください。

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031