力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ダニに刺された!症状の特徴や見分け方を解説

kayui

ダニに刺されるとどのような症状が表れるのでしょうか。その特徴や見分け方を紹介していきます。※ダニに刺された時の為に『関連記事ダニ刺されにオロナインはNG 効果のある薬をご紹介』を確認しておきましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

ダニ刺されとそれ以外が原因の場合の見分け方と特徴

mushi_dani

ダニに刺されたときの症状は赤く腫れていて、酷い痒みがあり、痒みが1週間以上続くというものです。

また、露出していない肉が柔らかい場所が数ヶ所腫れているという特徴があります。炎症の大きさは1センチほどです。

刺されてから症状が出るまでに1日かかるという特徴もあります。

その為、ダニには夜に刺される場合が多いですが、起きたときには症状が発症していません。

ダニ以外の虫の可能性があるとしたら、蚊、ノミが挙げられます。

蚊に刺された場合は腫れている場所は肌色が多いですが、掻くと赤く腫れます。痒いですが、我慢できるレベルです。

かきむしったりしなければ、数時間で消えます。刺されるのは露出している場所が多いです。

ノミの場合、刺される場所は足のみで、水ぶくれができて痒みや痛み、熱など症状が現れるのが特徴です。

komuragaeri

ちなみに腫れは約1週間ほど続き、『痒い』という症状が共通点です。その中でも足が数か所刺されていた場合『ノミ』を疑いましょう。

足以外の場所は蚊かダニですが、短時間で症状が収まれば長期間続けばダニと判断します。

炎症に穴が一つであれば二つあればダニと判断する方法もあります。

最終的には医師の診断を仰ぐのが一番です。ただ専門医でも一目見ただけで判断するのは難しいそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

イエダニとツメダ二とマダニ

virus_character

家庭内でダニに刺される場合は多くはイエダニツメダ二です。これらに刺されたときの症状は上記の通りです。

ただイエダニの場合は炎症が2センチまで大きくなることがあります。

しかしマダニはそうはいきません。命に関わる問題です。マダニに刺されるとSFTS(重症熱性血小板減少症候群)という症状がでて、皮下出血

意識障害を起こすことがあります。死亡例も複数報告されているので、マダニに刺された時は早急に病院へ行きましょう

2013年では40人の発症者のうち13人が死亡しています。

マダニは山の中などに生息していているので、キャンプや山登りの際には注意してください。5月に多く発症する傾向があります。

症状としては発熱、倦怠感、下痢、嘔吐です。SFTSの潜伏期間は一週間あります。

 

~まとめ~

・足だけを刺されていたらノミ、足以外の露出している場所は蚊、露出していない場所はダニ
・刺された穴が一つの時は蚊、二つの時はダニ
・マダニに刺されると死亡例もあるのですぐに病院へ

判断が難しい時やマダニに刺されたら病院へ行きましょう。

関連記事ダニアレルギーの湿疹の特徴や見分け方~原因が違う場合も~

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031